お墓を作りたいけどお金がない時の対処法|お墓を安く建てる方法

お墓を建てようと思った時が一番いいタイミングという「お墓」の建てどき。でもお墓は高いものです。
それに、お墓はどこにでも作れるものではないし、墓地もどこにでもあるわけではありません。


お墓参りすることを考えれば、交通アクセスや駐車場、お墓参りのしやすさ等で大体の場所は決まってきますよね。
そこで早くから決めておかないと必要な時にお墓がない!ということにも…。


ということでお墓を作りたいけど、一体いくらくらいかかるのでしょう?

お墓購入にかかる費用は?


永代使用料…墓地の使用料。人気がある寺院墓地や公営霊園は価格が高い。

石材の費用…墓石となる石材の費用。石や種類・品質で価格は違いがあります。

加工費用…石材を加工する費用。石の数が多く、加工が多いと価格は高くなります。

工事費用…設営するための工事費用。お墓の面積が広いほど価格が高い。



ということで、お墓にかかる費用はというと…


お墓の敷地面積や依頼する石材店、使う石の種類など価格は一定ではありません。永代使用料も墓地を半永久的に使用するための費用で利用する墓地・霊園によって値段は全く違います。


幅はありますが総額で約100万円~300万円ほどかかります。
車1台分と同じくらいですね。お墓を生前作っている人は少ないと思います。
故人に十分な貯金がある人はいいですが、なければ子どもが用意しなければなりません。


結構痛い金額ですよね。


「そんなお金どうしたらいいの?貯金じゃ足りないよ!!」という方


足りない金額はカードローンで借りれます。その借りたお金は返済方法を分割にできるので毎月定額で支払っていけるので、安心ですね。


現金で必要になることが多いお墓に関する費用も借りることが出来るカードローン


現金で必要なことが多い、お墓に関する費用
墓石のローンもできると思いますが、現金で購入するほうが割引や特典等がついてお得になる可能性があります。
現金で支払ったほうが

お墓を安く建てる方法



「お金がないのでなるべく費用を抑えたい」というのが本音だと思います。
そんな時のポイントを!

お墓の面積

お墓の価格は区画面積によって大きく変わります。土地が大きいと墓石も大きなものにしないとバランスが悪くなりますよね。土地が小さいと墓石も小さいもので大丈夫なのです。お墓に住むわけではないので小さくても問題ないと思います。

墓地使用料

墓地使用料や年間管理費などを抑えることで維持費が抑えられます。年間管理費というのは毎年かかってきますので、よく確認しておきましょう。寺院墓地は墓地使用料や年間管理費が高いので信仰等の理由でこだわりがある場合は仕方ないですが、それ以外なら公営霊園がおすすめです。

墓石の価格

墓石の石材はピンキリですが、高級な石が必ずしも耐久性に優れているというわけではありません。予算が少ない人は石材店に相談してみることが大事です。安くて質のいい石もありますので。あと、加工費がかかるのでシンプルで加工が少ない墓石にすること、付属品も少なくすることで費用が抑えられます。

 

お墓は故人への想いを込めて格式の高い墓地にお墓を作りたいという方もいると思います。そのこともじっくり家族や親戚と相談して検討していいお墓を建ててくださいね。


利用者の満足度が高いローン特集♪


サブコンテンツ

このページの先頭へ