アップルウォッチ購入|後悔しない購入方法

アップルウォッチは価格で決めないで!Apple Watchは、単純なモデルのバリエーションが38種類、別売のバンドとの組み合わせだと98種類以上のパターンがあるのをご存知ですか?

アップルウォッチの種類



アップルウォッチは軽量でカジュアルなアルミ合金+化学強化ガラス製の 「Apple Watch SPORT」 と、
ステンレス鋼やサファイヤクリスタル採用の 「Apple Watch」
さらに18Kローズゴールドなど高級素材の限定版 「Apple Watch EDITION」


があり、大きさは38mm と 42mmの2種類、さらにバンドと色の違いなど98種類以上の豊富なラインナップが特徴です。


高級素材の限定版 Apple Watch EDITIONは最高額で218万円と超高額なので、とりあえずここは置いておいて…。

アップルウォッチモデルの選択方法



多くの人は購入の時点でなるべく自分の好きなデザインで価格も予算内のものを…。と考えますよね。
まず、最初の選択は、アップルウォッチにするか、アップルウォッチスポーツにするか?だと思います。


アップルウォッチとアップルウォッチスポーツの違いは?

ケースの材質の差

アップルウォッチのケースはステンレススチール製…ほどよい重さがあるほか、磨き上げられた表面の輝きや質感の高さが魅力
アップルウォッチスポーツのケースはアルミ合金製…航空機などにも使われる高強度の素材で、軽くて丈夫なのがポイント

Digital Crown(リュウズを模した操作ダイヤル)の雰囲気

アップルウォッチのDigital Crownは、鏡面のように磨き上げられていて、中央部は光沢のある黒に塗られています。
アップルウォッチスポーツのDigital Crownは、ケースの他の部分と同様に、半光沢のサテン地。
質感が違うだけで印象がだいぶ異なる。普段からよく触る場所でApple Watchの中でも目立つ場所なので、ここの質感が好きかどうかは重要な選択ポイントになると思います。

表面のガラスの差

アップルウォッチは表面のガラスがサファイアガラス…サファイアはダイヤモンドの次に硬い透明素材。
アップルウォッチスポーツはIon-Xガラスと呼ぶ、一般的なガラスの5倍の強度を持つ強化ガラスを採用。

サイズ、38mmか42mmか?

単なるディスプレイの大きさだけではなく使えるバンドの種類が違ってきます。
38mmケースでは、モダンバックルと呼ばれる洒落た金属の金具が付いたベルトが利用できるのですが、この形状のベルトは42mmのケース向けには用意されていないのです。同じように、レザーループバンドは42mm専用で、38mmのケース向けは同じデザインのバンドは用意されていないのです。

アップルウォッチ購入するなら自分仕様にして後悔しない買い方で。



欲しいけど、お金がないから安い方のアップルウォッチスポーツでいいや!といった考え方で選んでしまって購入すると後悔しますよ。

この2つの価格差は24000円~
自分の好きなように組み合わせするとやっぱり金額に差が出てきてしまいますが、ここで妥協して安い方にするのは考えものです。

せっかくアップルウォッチ買うのなら、自分が気に入ったものにしませんか?

お金が足りない!といったことでせっかくのアップルウォッチを眠らせることになるのはもったいないじゃないですか?同じ持つならどんな服装にも合うもの、気に入ったものを持ちたいですよね。そのほうが絶対後悔しないと思いますよ。



価格で決めるのではなく、見た目や好みで選ぶ!足りないお金はローンで分割払いすればいいのです。そのほうが納得いくアップルウォッチを持つことができますよ!


数万円なら収入証明書なくてもお金を借りれるところがあります。最短即日融資もできるので明日にでもアップルウォッチを手にすることができるかも!!

アップルウォッチを買うなら、試着をおすすめします!バンドのつけ心地などもいろいろつけてみないとわからないので、見た目で選ぶのもいいですが試着もやってみてくださいね!

利用者の満足度が高いローン特集♪


サブコンテンツ

このページの先頭へ