キャッシングの注意点をまとめてみました

悩む女性

キャッシングの注意点をまとめてみました。参考にしていただけると嬉しいです。


キャッシングってよく耳にするけど、結局は借金でしょう?と思う人もいるはずです。そのために、親や友人からお金を借りる人も少なく無いと思います。

でも親や友人からお金を借りることは社会人としてどうなんでしょう?自分の問題なんですから、人に迷惑をかけずに解決しませんか。多少なりとも金利はかかってしまいますが、金利を払ってでも自己解決するほうがプライバシーも保護され、快適に過ごすことが出来ると思います。

審査の意外な落とし穴「総量規制」

改正賃金法と言うものの中に、総量規制があります。

総量規制が対象になるのは、消費者金融になります。ですから消費者金融でお金を借りる場合には、「年収の3分の1未満」の借入金額になります。それ以上は借金地獄になるのを避けるために法律で駄目だと定められているのです。


いままで審査で落ちた経験がある人に見なおしてもらいたいポイントでもあるのです。


審査で落ちた原因のほとんどが、総量規制以上の金額を希望してしまったという人が多いのです。でも貸し手側はなんで審査に落ちたのか原因を教えてはくれませんので、気づかないケースもあるのです。


年収の3分の1以上、つまりまとまった大口のお金を借りたいという人は、総量規制対象外の銀行を利用するといいでしょう。

銀行なら借入限度額に縛られることなく、審査に通過すればまとまったお金を借りることが可能です。金利も消費者金融よりも低いことが特徴ですので、銀行から借りるということも魅力的ですね。ただし、スピーディに借りたいという人は消費者金融がいいかもしれません。


その辺りは、自分にあったサービスをしているところを選んで利用すれば上手に借り入れができることでしょう。

最短でその日のうちにお金を借りたいという方はコチラ⇒

低金利でじっくり検討しながらお金を借りたい人はコチラ⇒

本当に必要な金額を見極めるのが大事

審査に通過したからといって、必要以上の金額を借りてしまうと返済が必ずと言っていいほど苦しくなってきてしまいます。

借り入れのコツというのは、今本当に必要なのかを見極める勇気が必要です。人間、どうしてもお金が借りられると思うと余計な金額までを借りてしまう傾向があります。


そこで借金に苦しむかどうかの分かれ道になるのです。

安易に計画もせずに借りてしまうと、収支のバランスが合わず、生活に影響が出てきてしまう羽目になってしまいます。借り過ぎないためにも必要最低限の金額を希望することをお勧めします。


最後に一つ、キャッシングというのは一枚カードを持っていると非常に便利なものです。キャッシング=借金というイメージが強いためになかなか利用する人がいないかもしれませんが、それはもう昔の話。今や男性のみならず女性の利用者も増えているような時代です。

その背景には、抵抗を感じている人も利用しやすいようなサービスを提供しているのです。例えば、金利がゼロになる無利息サービスや女性専用のレディースキャッシングなどなど。各金融サービスによってサービスは異なりますので自分に合った借入先を見つけて上手に利用することによって、より良い生活が過ごせるようになると思いますよ。


利用者の満足度が高いローン特集♪


サブコンテンツ

このページの先頭へ