キャッシングは必要な金額のみを借りる

キャッシングをして、定期的にきちんと返済をしているとキャッシングの「利用限度額があがりましたので、利用可能です。」と言われることがあります。

キャッシングに慣れないように!

キャッシングは、初めて借りた時より2回目・3回目は気持ちが慣れてきているので、どんどんキャッシングで借りてしまう傾向にあります。

こんな時に限度額が高くなっているとついつい実際に必要なお金より多く借りても大丈夫!という自分のお金を引き出すような感覚で、必要以上に多く借りてしまいがちです。

こんな時こそ、「今、必要な分だけ借りる」と考えるようにしましょう。

限度額がアップするとつい気楽に借りてしまうことがあり、キャッシング会社からもよく思われません。

元金が高い程、キャッシング会社への支払金利が増える!

元金が高ければ、返済期間も長引きがちですが、そうなると元金の利用日数が増えてしまうため、金利を請求される期間も長引いてしまうので、トータルで、支払わなければならない金利が増えてしまいます

 

5万円だけキャッシングする予定だったのが、10万円という借入限度額を提示されて、せっかく10万円の枠があるならば、10万円借りておいた方が、何か合った時に助かるというような考え方はしない方がいいです!




初めから多めの金額を借りていては、高額の元金に対する金利がすぐに発生し、金利的に損をします。


スピード融資なので、必要になった時に借入する

急な出費に備えたいという考え方もあると思いますが、大抵のキャッシング会社では、スピード融資を売りにしているので、想定外の支出が合った時は、その時に借りれば済むことです。

必要な時に必要なだけ借りた方が、トータルでの借入金は同じでも金利面でお得になります。

利用者の満足度が高いローン特集♪


サブコンテンツ

このページの先頭へ