キャッシングを不安なく利用するには

まとまったお金を突然用意しなくてはいけなくなった時、あなたならどうしますか?

いろんな資金調達方法がありますが、家族や友人からは、借りれない。アルバイトでも間に合わない。となった時、

「キャッシング」や、「カードローン」・・・CMでも最近よく聞くし、とてもいいイメージを受けますよね。

でも、いざ自分が実際に利用となると、

「広告みたいに、気軽な気持ちで利用できるの?後で、怖い目に遭ったりしない?

「もし延滞したらどうなるの?

審査ってなにするの?

など、いろいろな不安が出てくるものです。

あなたの不安は何ですか?

キャッシングを利用する際の、不安を解消するためのことをいくつか紹介します。

いくら借りれるか?

いくら借りれるか?というのは、自分の希望額よりも総量規制のことを先に考えなくてはいけません。総量規制によって年収の三分の一以上は借りれません。借入したい金額が年収の三分の一以内か以上かで、申し込みをする金融機関もかわってきます。

1社からのキャッシングが年収の三分の一を超えるといけないというのではなく、他社借入を含めたキャッシングの総額が年収の三分の一を超えてはいけないのです。

今の自分がいくら借りれるか?というのを、診断する、お試し診断というのがあって少ない項目で数秒で診断してくれますので、まずはそれを使っていくら借りれるかというのを見てみてはどうでしょうか。

金利って??

お金を貸し借りする際の使用料(レンタル料)です。

お金を借りる時、借りた側は 借りた金額 + 金利 の合計額を返済します。

金利も、利息も、利子も同じ意味です。

銀行や消費者金融の金利を比較してみると分かりますが、20%を超える金利の設定をしているところはありません

最高金利(金利の上限)が決められているからです。

金利が20%を超えているところは違法業者なので、利用しないことです。

どこから借りればいい??

20歳以上の毎月安定した収入がある人は、正社員でなくても融資が受けれる可能性があるので、融資先は信頼できる所なら、自分のニーズに合ったところから選べばいいと思います。

しかし、専業主婦で、収入がない人は総量規制の対象外である、銀行カードローンでないと申し込み出来ません
銀行カードローンならどこからでも借入ができるのではなくて、「本人に収入がある事」という規定がある場合は融資は受けれません。

さらに、主婦の方は高額の借入が厳しく、殆どが、30万円以下で、よくて50万円ほどです。高額の融資は期待できないでしょう。

申し込みはどうやるの?

申し込み方法には郵送、電話、無人契約機、スマホなどのインターネット、いろいろなものがありますがどの方法でも、申し込み時の記入項目や必要書類は変わりはありません。

あなたの情報
 

名前・生年月日・性別・住所・電話番号・家族構成・住居の種類・居住年数・最終学歴・メールアドレス

勤務先の情報
 

会社名・会社の住所・電話番号・所属部署・従業員数・在籍年数・雇用形態・年収・給料日・業種・保険の種類

借入に関する情報
 

希望限度額・他社の借入件数と金額

なぜこんなに細かく聞くのかというと、返済能力を正しく判断するためです。

最近はインターネットからの申し込みが多いので、WEB申し込みについて説明すると、

それぞれのホームページから「今すぐお申し込み」をクリック!
  ↓
規約を確認し同意する。
  ↓
必要事項を記入する。
  ↓
審査・在籍確認
  ↓
審査結果
  ↓
本人確認書類の提出
  ↓
契約完了   という流れです。

無人契約機や店頭で契約する場合も、事前にインターネットで、申し込んでおくと審査までの過程をすませられるので、かなり時間が短縮できます。

返済は?

延滞せずにできるだけ早く返済するコツは、支払いを自動振り込みや引き落としなど強制的に返済される仕組みにしてしまうことです。

しかし口座にお金がないと「事故」になってしまいますので注意してください。

口座引き落としではない方法として、インターネット・お近くの店舗ATM・コンビニ・銀行振込などを選んで返済できます。

うっかり忘れがないように、返済日をカレンダーに記載するなどして忘れないようにしましょう。
携帯・スマホの予定日に登録するのもいいですね。

取り立ては?

きちんと貸金業協会に加盟しているところなら、昔のような、脅したり怖がらせたりする取り立ては法律で禁止されています。

詳しくはコチラ
取立てって本当に来るの?

違法金融業者って?

最近は見た目も普通のサラリーマンで、対応も言葉遣いも丁寧で一見、合法の金融業者に見えるような感じの違法業者がいます。
さらに悩みに耳を傾け、親身になって相談にまでのってくれるそうです。

親身なフリと巧みな話術で信用させて利用するように仕向けて行くのです。

やり取りは基本電話で行います。直接会うと、そこから足がつくのを防ぐためです。

貸付も基本、1万~2万円などの少額からで、返済期限も短く1週間~10日くらいが多いようです。

そのほか、見分けるポイントはコチラ
闇金と安心な消費者金融の違いは?

ネットでの申し込み事態が不安

かなりの情報を登録するので、個人情報の漏洩が怖い。

ネットでの、申し込みは、困った時の対処が心配。

WEB上での申し込みは、簡便過ぎて不安。

ネットでの利用は手軽でいい!と考える反面、相手が見えないことによる不信感や個人情報に関する不安を持っている方もいます。
個人情報の流出が社会問題になっているから敏感になっている事の現れなのかもしれませんが、自分自身では対策できないことなので、不安ですよね。

だからこそ、キャッシング申し込みは、安心感のあるところ、信頼できる会社を選ぶ事を強くおすすめします。


一時的な資金調達のために

あくまで、キャッシングは一時的な資金調達のために使いましょう。

「借りたお金は借りたお金、自分のお金ではありません。」

「利子をつけて返さなければならないので、早く返済する。」

これを頭において、賢く利用しましょう。

利用者の満足度が高いローン特集♪


サブコンテンツ

このページの先頭へ