クリスマスはお金かかる、そして年末年始は出費がかさむww

クリスマスお金がかかる


クリスマスに年末年始にお歳暮、お年玉などお金がかかる年末年始の時期が今年も近づいてきました。クリスマスプレゼントやクリスマスパーティーから始まり年末年始に突入すると日本はイベントムード一色になるのでリアルなお財布事情も寂しくなる時期でもあります。


毎年、年末年始の収支を見るのが怖いという家計も有るようですが塵も積もれば山となり、クレジットカードの支払も塵も積もれば山となり翌月の支払い時に後悔するという毎年の流れができていませんか?

クリスマスから年末年始までに使う金額は平均で10万円~20万円が平均と言われていますが、あくまでも平均なので低くなっているハズです。

クリスマスの出費はどれくらい?



年末年始の支出の平均が10万円~20万円という事になると、クリスマスの平均はどれくらいかというと「クリスマスプレゼントで1万円~3万円」でクリスマスの食事が家族で1万円~2万円程度。そしてカップルなら宿泊費などが約15,000円程度の追加で、クリスマスを迎える年代によっても掛かる金額は変わって来ますがいずれにしてもお金はかかりますね…。

  • 家族でクリスマスを楽しむケースのクリスマス費用目安・・・子供2人と奥さんへのプレゼントで3万円程度・飲食代15,000円程度 =45,000円程度

  • カップルでクリスマスを過ごす時の費用目安・・・クリスマスプレゼント25,000円程度・飲食代15,000円程度・ホテル代15,000円程度 =55,000円程度


  • 独身カップルの方がクリスマスの消費は多い傾向に有るようですが、年末年始のおせち料理や初詣などにしてもお金が何かと掛かるので必要最低限度に抑えるように努力しましょう。


    カップルの中ではクリスマスの費用は全て男性が持ってほしいと思うかと思いますが、彼も金欠の可能性もあります。自分の欲しいものも有るだろうし、可能であれば折半でしてあげれば彼女としてのイメージアップにも繋がるのでぜひ今年からでもはじめてみて下さい。


    寂しさ紛らわしの彼氏彼女なら、出してもらえば良いかもしれませんが、将来を考える相手なら少しの思いやりは「この子はお金の面でもキッチリしているんだな」と好印象に確実になるので、イベント時の費用などから日常的に折半にする癖をつけておけば良いのではないでしょうか。


    男性でも女性でも同じく大事なお金です。そのお金を女性だから出さなくて当然と思っている以上、そういう女性として生涯思われるので負け組の女性に一歩踏み込んでしまうかもしれないので今の若者のお財布事情も考慮して検討してみて下さい。

    年末年始のお財布事情について

    初詣のお金

  • お歳暮・・・5万円~10万円程度
  • クリスマス・・・5万円程度
  • おせち料理・・・15,000円程度
  • お年玉・・・2万円程度
  • お供え・・・1万円程度
  • 初詣・お守り・お祓い・・・5,000円~3万円程度
  • 年賀状や喪中はがき・・・2万円程度
  • 帰省費用・外食費・・・3万円~10万円程度
  • 初売りや封袋などの買い物・・・1万円程度

  • 年明けだけで10万円程度使う方が多い様ですが、あなたはどうでしょうか?



    クリスマスで約5万円程度使い、その他の年末年始で平均して185,000円程度の計算になります。


    これらの費用をどう抑えてくのか?で年末年始の支出を抑えることが出来るので「将来大切な支出と将来大事だけど支障はない支出」に該当するクリスマスの費用やおせち料理に外食、封袋などの買い物などは最小に抑えながら、


    出世など将来的に大事な「お歳暮や年賀状、初詣」などの上司との話のキッカケになるような投資になるものには積極的に投資だと思って使うようにしてみてはいかがでしょうか?


    お金の使い所を見直して使い方を感がタイミングがないと生涯ずっと同じ思考脳のままの「生きたお金の使い方を知らない人」のままで、下流な生活をおくることにな理科ネません。


    いっときの投資となるお歳暮などは、今の時代する人が減少しているからこそ大事なことなのでお金がカツカツでもどうにか捻出して一年のお礼を出来る範囲で伝えましょう。少しの資金なら年度末のボーナスでペイすれば問題ない話なので、現状の現金がない場合などはカードローンなどを活用すると、プラス数千円だけで、自分を変えるキッカケを作ることも可能です。


    お金は借りても借りなくても、使い手次第で「生きたお金を使う事ができる人の元にお金は集まる」のでこの機会に是非検討してみてはいかがでしょうか。

    利用者の満足度が高いローン特集♪


    サブコンテンツ

    このページの先頭へ