ドナルドトランプ暗殺されるかもしれない究極の理由

ドナルドトランプ暗殺
全く不謹慎な話ですが、アメリカ合衆国大統領のドナルドトランプ氏が暗殺されるのでは?と言う話題について。


北朝鮮問題と国内で行われている政策も含めて、今までの大統領とは違う極端な政策や言動、ロシアとの繋がりで各方面で話題になっていますが、アメリカ合衆国内でも敵と見方が大きく分かれているので暗殺を目論んでいる人も多く存在すると推測されます。


不動産王としても有名なドナルドトランプ氏なので、究極のリスク取る事にも躊躇なく判断できる資質を持ってして大統領となっているのは言うまでもないことです。


ですが、それが逆に今までの大統領とは全く違う部分なので反感を買いやすい部分でもあります。

ドナルドトランプを暗殺したいと思っている人はどんな人か?

ドナルドトランプ暗殺可能性
北朝鮮の工作員やISの工作員なども当然暗殺を計画していてもおかしくない相手ですが、これらはシークレットサービスが常にスキ無く守っているのでほぼ不可能かと思われますが、それよりも怖いのがアメリカ合衆国内で大統領を後ろから操ろうとする勢力からの暗殺の可能性です。


大統領専用車両なども新調して、外側からの暗殺には不可能に近い体制を取っていますが、内部からの勢力はやはり怖いものです。そして自分の言葉で自分の考えをシッカリと推し進めるドナルドトランプ氏は、取り巻きからもむやみに敵を作ってしまいかねないので「排除したい勢力は多くなる」可能性が高くなると思われます。


影で大統領を操ろうとする勢力に関しては、自分達の思うように政策などが進まないと表の顔の大統領というものは変えてしまえば良いというドラマレベルの話も無いわけでもないのです。


大統領でもありながら、起業家としての資質を兼ね備えているので国のお金の使い所に関してはこれまでの歴代大統領の誰よりもシビアな判断をもいとわないハズのドナルドトランプ氏なので、大統領を任期満了まで果たすことができればアメリカの国益は確かに上がると思われます。


が、短期的な結果での貿易の制約や財政赤字などのでトランプ陣営自体が揺れ動いているので「内なる影」の暗躍が生じる可能性も有るということです。


そして財政赤字の為に日本の様にニューマネーを発行するなどの軽率な対応をした日には、米国債を多大に保有する日本にも大きなダメージとなり世界中のマネーで大きな打撃を受けることになってしまうので、やはりアメリカという大国の大統領というだけで凄まじいプレッシャーと圧力を受けながら任期を全うしていくのだと思われます。


辛口な人柄のドナルドトランプ氏ですが、実際はお金を動かすプロ中のプロです。その手腕できっと世界を変える力をいかんなく発揮させてくれる事を切に願って北朝鮮問題も含めて世界の為に活躍してほしいです。

利用者の満足度が高いローン特集♪


サブコンテンツ

このページの先頭へ