メタボ対策で運動するためスポーツジムに通う

近年の日本のメタボ状況!すごいことになっているんです。

食生活の欧米化が進み、肥満の人が年々増加傾向にあって、糖尿病や狭心症などといった生活習慣病が増え続けているのです。

肥満者の割合

男性の場合、どの年代でも10年前、20年前よりも肥満者の割合がグン!と増えています。特に40代から60代の肥満者は30%を超えているのです。

女性では30代~60代において肥満者の割合が20年前、10年前と比べると減少。また20代~40代においては低体重が増加傾向となっています。

★ メタボの基準は?
メタボではウエスト周囲径の増大が重要なメタボ基準になるのです。

ウエスト…男性85㎝以上  女性90㎝以上

ウエスト周囲に加えて、血中脂質・血圧・血糖値等が現在メタボ診断基準検討委員会で定められている日本のメタボの基準です。

その他にも、自分である程度内臓脂肪の具合を知る事ができます。

● ほとんど運動していない
● 最近ベルトがキツイ
● おなかが出ているが脂肪をつかむと厚みがなく掴みやすい
● 最近太ってきた
● 甘いものが好き

という項目に1つでも当てはまるという場合はメタボに注意しましょう。

メタボの原因は?

メタボの原因は、主に運動不足と食生活の偏りです!これによって体内脂肪が増え、溜まった脂肪が代謝異常を起こしてメタボに…。

40歳以上の男性に多く見られるメタボですが、40歳となると年齢的にも体力が落ちて運動量も減ってしまいます。なのに会社での付き合いやストレスで飲んだり食べたりする機会は多くなってきます。

そういうのが積み重なり、いつの間にかメタボ予備軍に!これは、動脈硬化による循環器系の病気との関連もあるので、注意が必要です。動脈硬化は食事・運動・喫煙・飲酒などが原因で引き起こされる病気です。メタボと動脈硬化との関連性も伺えます。

日々の生活で意識して体を動かすことはメタボ予防につながってきます。メタボは内臓脂肪が原因でおこる病気なので、見た目が細くてもメタボになってしまっている可能性があるかもしれません。

自分は痩せているから大丈夫!という油断は禁物ですよ!

メタボ対策でスポーツジムに通った30代後半男性

メタボ対策でスポーツジムに通っています。
ベンチブレスのおかげで胸筋はしっかりと仕上がって、ランニング(時速10キロ20分位)、腹筋(40㌔の負担で40回)を2日に一回通ったことによっておへその上部分がへこみました!!

 

メタボ解消の理想的で効果的な方法

理想的な方法は2つ

1、脂肪を落とす(カロリーを消費する運動や食事でのカロリー制限)
2、筋肉をつけて基礎代謝アップ(筋肉をつけるトレーニングや運動)

とにかく継続的な運動が大事です。手軽なウォーキング運動やジョギングからはじめましょう。これは、スポーツジムに行かなくてもできますよね。毎日続ける事、これが一番難しいことですが大事です。

すぐに飽きてしまう人、そういう人は思い切ってスポーツジムと契約しちゃいましょう!

お金を払っているから、行かなくちゃ!という気持ちで続けて、痩せた人もいるんですよ!

ジムで同じ目標を持っている人と友達になって新しい世界が広がることも!うれしい出会いがあるかもしれませんね!

利用者の満足度が高いローン特集♪


サブコンテンツ

このページの先頭へ