一人暮らしで金ないけど転職したい

今の会社に入って何か月経ちますか?何年経ったのでしょうか?転職を考えた理由は何かは分かりませんが転職したいけどできない…という人は多いのではないでしょうか?

人間関係が上手くいかない。会社に不満がある。思っていた仕事じゃない。自分にこの仕事がずっとやっていけるのか?なんていう理由を挙げていけばきりがありませんが、そうは思っていても実際に転職できないのが現実です。

ほとんどの場合、現職を辞めてから就職活動をすることになると思います。今やめてしまったら次の職が見つかるまでの生活費はどうするのか?次の仕事がすぐに見つかるという保証はないので数か月~それ以上の無職の期間の経済的な心配がありますよね。

失業保険を利用する!

 

失業保険も原則1年以上働いていれば貰えますが、それ以下の期間なら貰えません。
1年以上勤めていた場合でも、仕事を辞めた後すぐに失業保険は給付されないのをご存知ですか?自己都合で会社を辞めた場合失業保険が貰えるまでには最長3か月かかるのです。

でも、3か月待たなくても失業保険を貰う方法があります。
それは職業訓練校に通う事です。これは誰にでもできる事ですよね。職業訓練校に通うだけで3か月待たなくして失業保険が貰えます。

しかも職業訓練校に通っている期間はずっとお金が貰えるので受講期間が長い訓練校に通えばもらえる期間が長くなって結果的に多く貰うことができるかも!?しれません。うれしいことに授業料がいらない!ここで知らなかった分野の勉強をするのもいいかも知れませんね。
職業訓練校といっても普通の学校と一緒で色んな事が勉強できるので、ハローワークでパンフレットを貰ってみましょう。

 

転職でかかる費用はどのくらい!?

 

交通費・写真代・衣類費など就職するための活動には意外と費用がかかってきます。転職活動でかかった資金として「8万円以上」という回答が多いのですが転職活動期間で一番辛いのは何か?という質問でも「経済面が大変」と答える人が多く転職活動には上手な資金繰りが大切なようです。

転職活動には生活費を含めたある程度の資金が必要になってきます。離職してからの就職活動する場合貯金の中から転職活動費用と生活費を出していかなければならないので、目に見えて残高が減ってきますよね。それに伴って焦りが募ってくるものです。お金が減ってくると「とにかく就職しなければ」という焦りで、自分に合わない会社に就職してしまい、結局また会社を辞めてしまう。という悪循環に陥る事になるのです。

今、お金に困っているなら、転職活動の時間をきちんと確保できるアルバイトを始めてみるのもいいかもしれません。転職活動にどの位のお金がかかっているのかを把握しスケジュールを立てるのは必要です。

 

一人暮らしなら、生活費を切り詰める事も実行しましょう。外食を避けなるべく自炊する。お昼も残ったおかずなどでお弁当。飲み物も水筒持参で自販機使わない。スマホの通信費も最近安いところが出ているのでそれに変えましょう。経済面でも健康面でも歩くこと!交通費はなるべく抑える。

 

会社を辞める前に!!失業するとできなくなる事!!

 カードは作れるうちに作っておくこと!
「クレジットカード」やいざという時の「キャッシングカード」会社員の時は当たり前のように作れたかもしれませんが、無職になったらまず、審査に通りません。
「会社のご威光」を借りられるうちにやれることはやっておくこと!をお勧めします。

 ローンを利用した大きな買い物
仕事がない状況では、家や車を買うことは勿論できません。

 引っ越し
絶対無理ということはありませんが無職だと審査がとても厳しくなるし、物件が限られてきます。

 銀行口座、証券口座の新規開設
「必要以上に」口座開設の理由を聞かれる事が多いようです。

利用者の満足度が高いローン特集♪


サブコンテンツ

このページの先頭へ