不倫慰謝料が払えない?一括払が無理なら和解が賢明な解決策

不倫慰謝料払えない

妻子ある既婚男性と不倫関係にあった独身女性のリアルな実話を元に最小の傷で最小の慰謝料で終わらせるコツをご紹介します。



「不倫の問題解決だけでも頭の中いっぱいな状況なのに、、、
不倫の慰謝料??不倫相手にも慰謝料請求?示談交渉??


もううるさーーーい!!しかも貯金とか、住宅ローンとかもどうなるわけ?どう考えても払えないわ!!!」


1番迷惑なのは他でもない私(子供)なんですけど…..

慰謝料を誰にも迷惑を掛けずに一括払いで支払い、最短最小で慰謝料問題を解決する方法は?


慰謝料の金額は平均200万円ほどと言われています。貯金もないし財力もない。でも今すぐまとまった金額を準備しなければいけない時、

慰謝料を請求された際に誰にも迷惑をかけずに一括支払いでお金を支払うことが出来る解決方法があるので紹介します。



「さっさと和解案として慰謝料を支払ったほうが金額も精神的苦痛も少なく済む」


話が更にややこしくなる前に和解案として出すことが最優先になり、問題の引き伸ばしほど恐ろしいものはありません。

お金で解決するしか無い問題を最低価格で終わらせる唯一の打開策です


過去に巻き戻しして、何もなかったことには出来ません。



それ相応の責任を社会人として自分自身で取らないといけません。


だから傷は浅い方が良い(心身面も、金銭面も)


そのための方法は前途の通り、少しでも早い示談交渉しかありません(※和解契約書でお互いに署名、捺印して保管する必要あり)


その為に相手から慰謝料請求されている金額、またはこれから請求されるであろう金額(不倫の慰謝料の平均は200万円程度です)を和解案提示する前に確保しておく必要があります。


そんな時に貯蓄がなくても


家族にも迷惑かけずにバレずに事無き終える事ができる方法が銀行系カードローンです


カードローンと呼ばれるものは「担保無し」「連帯保証人なし」で多目的にお金を借りることが出来ます。

100万円程度の資金なら一番有利に借り入れする事ができるのがこちらになっています。

予めご利用できる事を確認してから話を持って行くと痛手を最小限に抑えて話をすることが出来るので安心感が違います。

自分の持ち金+不足分だけを補うという方法もありますが、まずは準備をしてからでないと何も進めることが出来ないので自分の借りることが出来る金額をまずは確認してみることをオススメします。

担保・保証人なしで慰謝料問題を解決できるカードローン


不倫の慰謝料よりも後から大きな問題になるのが子供のトラウマ(心の傷と嫌われたくない願望の強い性格の形成)



子供の内なる声:喧嘩ばっかりしてるの見たり聞こえたりするのなんて我慢できない!(このような大きな出来事は肌で感じて大人になってもトラウマとなってしまうケースが多いようです。心理学者)


不倫の慰謝料問題の最大の特徴ともいえるのが最大の特徴が長期戦による精神的な負担ですが、何よりも心にキズを負うのは他でもない子供なのです。


平成27年には約22万組以上の夫婦のうちでサッパリと精神消耗する慰謝料問題などもクリアしているのが約13%、そして離婚調停で長引いているのが約87%程度という感じ。


その違いは一体何でしょうか?

慰謝の慰謝料などの問題をすぐにクリアしている約13%の組が子供に心の傷もなく成長している方々の特徴が〇〇でした

離婚届


結論、お金で解決するしかない出来ないのが不倫の慰謝料の問題ですが、長期戦なるほどに子供への負担も自分たちへの負担も大きくなるだけで、過去に固執して未来に進めていない傾向にあります。(離婚の慰謝料問題などで長引いている87%)


不倫や不貞行為の慰謝料や養育費の部分の判断を即対応して、前に進んでいる(13%)がしていることは、シンプルに「未来を恐れない」即断です。


不倫の慰謝料の相場基準などはなく被害者の精神的な苦痛の意識の問題だけに対して支払われるものですが、慰謝料や養育費問題になると時間とお金ばかり余分に掛かって結果的に支払総額が高くなるだけなので高額な慰謝料や養育費などを安く抑えて終わられせるには、

示談で和解したほうが間違いなく費用自体は少なく抑えることが出来ます。



結局最後はお金で解決するしかがないのが不倫の慰謝料問題です。

ポイントは相手が納得するかしないかのギリギリのラインを提示して一括現金で支払うです。

不倫の慰謝料は分割はまずないし請求する側からはいつ支払いが滞るか分からないので一括で請求される事が基本


  • 精神的苦痛の程度
  • 不倫した男性とあなたの年齢
  • 婚姻期間
  • 不貞行為の期間や頻度
  • 浮気相手の認識や意図
  • 社会的地位
  • 浮気の主導権
  • 浮気相手との妊娠・出産
  • 社会的制裁の有無


  • これらの要因が加味されて不倫の慰謝料は請求されますが、弁護士の費用などは相手の弁護士の費用も自分の弁護士の費用も全て不倫をした側が手付金から支払うのは通常なので、弁護士の費用だけでも大きくなってしまいます。


    お互いの話し合いが1番安く終わらせるコツなので最小で終わらせるために全力を尽くしましょう!

    不倫慰謝料の基準相場と慰謝料の正当性について


    慰謝料に明確な基準は無いってホント?
    不倫に関する慰謝料の相場は50万円~300万円が一般的です。金額に幅があるのは離婚を伴うかどうかでも変わってきます。

  • 離婚も別居もせずに夫婦関係を継続する場合…50万円~100万円
  • 浮気が原因で別居に至った場合…100万円~200万円
  • 浮気が原因で離婚に至った場合…200万円~300万円


  • ここで問題になってくるのが慰謝料の金額です。相手側が弁護士をたて慰謝料の計算にも正当性がある場合、支払いに応じなければいけません。ほとんどの場合が一括で支払いを求められるので、対応できる財力があれば自力で支払いができますが、一括での支払いが難しい場合は減額交渉という方法もあります。

    しかしこの行為は相手を気持ちを逆撫でしてしまう行為にもなりかねないので、慎重に判断、対応しなければいけません。



    そしてもう一つが慰謝料請求に応じないと裁判に持ち込まれてしまう可能性も出てきます。裁判になってしまうと長い時間をかけて争うことになり、自分だけの問題ではなくなってしまいます。


    スムーズに慰謝料の減額交渉や、慰謝料の金額自体に疑問を感じた場合を弁護士に依頼するということもできますが、慰謝料にプラスして弁護士費用がかかる事も考慮しておかなければいけません。

    不倫問題を弁護士に相談するとどれ位の弁護士費用になる?

    不倫の弁護士費用


    弁護士に初めて相談する場合、初回30分5000円。無料の法律事務所もあります。この他に着手金として30万程度。報酬として慰謝料の10%、その他事務手続き等の費用です。
    着手金30万+報酬30万(慰謝料300万円の場合10%分として)=60万円。


    300万円の慰謝料にぷらす弁護士の費用が60万ほどとなるとかなりの出費になってしまいます。


    弁護士が介入することにより慰謝料自体の減額が可能になることも十分に考えられる他、弁護士同士のやり取りになるので直接当事者間で話し合いをしたくない場合はこの費用を出しても
    弁護士に依頼する価値はあると言えます。


    しかし穏便に事態を終息させたい場合は、慰謝料だけを素早く払って解決する方が総費用は抑えられます。

    不倫の慰謝料の支払いがでいないとどうなる?

    不倫慰謝料 減額


    慰謝料の支払いの意思はあっても実際に支払いができない場合や滞ってしまうなど最悪の場合、強制執行により給与を差し押さえなどに発展してきます。

    上限として手取りの1/4と言う決まりはありますが4割も差押えされてしまっては生活が困窮してしまいかねません。



    すぐにお金さえ準備できれば、お金で解決できるものなのですぐにでも借りて解決してしまう方が後から振り返れば物凄く懸命な判断をしたということに気がつきますよ。


    子供の成長の妨げになるような深い傷になることもなく、自分の失敗を最小で終わらせて前に進む良い機会になりますよ。

    一括支払い出来なから分割払いで支払う方法

    利用者の満足度が高いローン特集♪


    サブコンテンツ

    このページの先頭へ