不況で夫の収入源に悩む〜国民健康保険と住民税編〜

不況に悩む
円安ドル高、観光客は安定的に増加しているので関連企業は収入源になっていないかもしれませんが、世の中全体で見てみるとあなたの生活はどうでしょうか??

不況で夫の収入減に悩む家族、住民税や国民健康保険料などの支払いに負担を感じている方の方が以外にも多いものです。

そんな収入減の生活でも節約をしながらやりくりをして行くしか手段はありません。

国の債務は更に膨らんでいます、家計の収入減から自分たちを守ることが出来るのは残念ながら国の事業ではありません。国保に住民税etc…

日本は税金で成り立っている国だから?

今後更に増税化していき、将来受け取ることが出来るであろう資金もどんどん先延ばし(受け取れない可能性も十分有り)で、働き方を変えてみる必要性もありますし、現状とは違う対応をして行く必要が出てきます。転職などの必要も出てくるかもしれません。

但し、生活費に困っているのであれば安定した収入は見逃せない事項です。

この安定収入が有ればいままでのライフスタイルを維持することも出来ますし、転職前などではお金を借りることも出来ます。(※安定収入が無いとお金を借りることは出来ません※)

大増税時代幕開け前の今の段階で、既に収入減に陥っているのであれば今後ジワジワと生活への負担も同時に増加してきます。

給料は減っていないのに生活が苦しいという時代に突入する!

だから社会保険などに加入している家庭でも厚生年金の保険料の引き上げは当然今後更に深刻になってくると想定されます。

このような状況下だからこそ、お金を既に借りている方には負担のない金利への見直し、切り替えなどの検討も必要になってきます。

特にカードローンをご利用している方はおまとめなども可能な対応力の融資先もありますのでこちらのような【2件目以降の借り入れ先は返済額の大小で選ぶ!】でも前途の通り、

返済額を少なくして、家計の負担を少しでも目に見える形で変えていくことを早い段階で始めておく必要があります。

更にあなたの家計に負荷がかかってくる前に少しでも減らすことが出来る部分を少なくしていくように検討してみるのが良いのではないでしょうか。

利用者の満足度が高いローン特集♪


サブコンテンツ

このページの先頭へ