中小企業の資金ショートを回避する計画的な資金調達の方法

中小企業の資金繰りは何か有れば、いつも隣り合わせの問題です。


そのような問題に直面した時、直面する前に自前に有しを受けていたほうが、経営者として、フリーランス、個人事業主としても理にかなっている事になります。事業資金なくして事業を継続させていくことはできません。


いわば事業資金は、事業を行う上での「命」といえるほど大事で、必要不可欠な要因です。

資金繰りに困っている時に利用することが出来る借入選択肢がこちらです。

  • 事業性専門の融資、事業性の商工ローンでの資金調達方法⇨事業性の無担保ローン詳細はこちら
  • 売掛債権を持っているけど回収できない時の資金調達方法⇨売掛債権を現金化すると安定する時はこちら


  • そのような資金不足や資金ショートの時にどのような対応すると良いのか?という部分を解説していきますので参考にしてみてください。

    困る前に余剰資金をして会社に置いておくのが真の経営者


    借り入れしても利息分の金利は経費計上することが出来るので、借入自体は事業者としては躊躇していては事業の発展は見込めません。

    何がいつ起こるかわからないからその保険の為に常にキャッシュを置いておくのは会社経営、事業拡大をしていく中では確実に無視できない要因です。



    従業員の給料が払えないやギリギリの経営をしているのでは中々大きな成功を手に入れることは難しいです。


    企業生存率から言ってもそのような判断を即断即決で出来る経営者の方が結局は生き残っていくのです。もし今事業資金に困っているとしたら迷うよりも借入することが出来るかどうかという不透明な部分があるのでまずは審査に通ることが出来るのか?

    借入することが出来る金額は?金利は?
    この辺りをまずは審査してもらい、その内容で借入することになっくすることが出来るようであれば借り家をすれば良いし、売掛債権をサッサと現金化してしまえばいいわけです。



    「借りたい、借りたくない」


    というレベルの話ではなく、自社が借り入れすることが出来るかどうかという状況をまず確認した上で、「借入することが出来るのであれが金利よりも多く事業収益を上げることが出来れば融資は完全にプラス」に会社としてはなるので結果的に発展していきます。


    資というものはピンチの時に借りるだけではなくリスクヘッジ、リスク分散、安定系の資金確保の為に利用するものなのでうまく活用してみてください。

    大事なことなのでもう一度ご紹介しておきます。

    事業性を無担保で借りたい時の借入先詳細はこちら

    売掛債権を現金化できる融資ではない現金化の詳細はこちら


    開業資金などにも利用することが出来るのが事業性融資



    開業当日はやる気に満ち溢れていても、創業融資などを受けずにしているとどうしてもお金の悩みが出てきます。半年程経ってしまえば特に多くの方が多くの悩みに困らされているものです。


    立地は良くても集客率が正直悪ければ、宣伝するためにお金を使ってもそれに見合う集客が見込めませんし(事業内容にもよりますが。)スタッフにはもちろん給料を払っているが月々厳しくなっているのが事実であり、早く手を打たなければいつスタッフを雇えるか分からない状態になってきます。


    少しずつお客さんは増えているにしても商売が軌道にのるまでにはもう少しかかるという場面では躊躇せずに事業融資を受けることをおすすめする。事業性の融資自体が会社での融資になってくるので、通常の融資よりも圧倒的に借入利息も低く借入することができるので使わない手はないからです。

    個人経営で返済能力が有るかどうかわからないけど借りる事が出来るのか?



    借入することが出来るかどうかは審査してみないと分かりませんが、賢い経営者の方はお金が無い時にお金を借りるのは借りにくくなってく来たり金利面で負荷か大きくなりがちなので、経営状態が良い時に融資を受けるものです。


    本来はこのように計画的に融資を受けることが安定した経営をする上で大事な判断になっくるので覚えておいて下さい。

    融資は使われるのではなく、うまく使うのが本来の使いかたです

    個人経営で自分の生活費を借りるとしたら借入先は変わってくる!



    個人経営で返済能力も不明な状態の私に貸し入れをしてくれるのかが心配で仕方がないという方が現実的に多いですが、事業主として無理ならば個人で借りればいいのですが個人で借りた際は自らの生活費をカードローンで借りて、給料は事業な方から出せば問題は出てきません。


    生活資金限定で借入ができる金融機関がこちら


    申請はネットから出来るようであり、貸し入れと返済もネットのみで済ますことができる。口座登録をしておけば月々の返済が指定日に自動で引き落とされるようにもなるので、返済手続きを毎回しなくて済むようになる。


    申請内容については住所や年収などを打ち込み、収入証明が必要な場合は先月の給料明細が必要になるくらいですが、事業主としての個人の借入審査に通り貸し入れを行うことは出来ます。カードローンで自分の給料代わりに生活費として補いながら仕事を頑張り、事業を安定させていくというのも一つの方法になってきます。


    もしもあの時に借りることが出来ていなければ事業自体がどうなっていたかは分からない・・・


    そのようにならないように「うまく融資は活用して、使う」様にしてみてください。

    利用者の満足度が高いローン特集♪


    サブコンテンツ

    このページの先頭へ