介護で電動ベッドが必要|購入費用が足りない時の対処法

自宅に電動ベッド導入するには購入とレンタルと2通りの方法があります。


介護でのベッドレンタルは、要介護2以上の方は介護保険を使うと1割負担で済むので、お得ですね。
しかし、介護保険を使ってレンタルできる年齢は決まっています。
それは40歳以上の方。39歳以下の方は対象外になるのでレンタルできません。


そして、40歳以上65歳未満の方は介護保険で指定している特定疾患に該当、尚且つ要介護認定されていることが条件になります。


要介護2以上の方は居宅介護支援事業所と契約が済んでケアプランを作成していれば1割負担でレンタルすることができます。
それが利用できる方は利用するのが安くていいですが、レンタルにもメリット・デメリットがあります。

介護ベッド、レンタルのメリット・デメリット



メリット
●必要なくなったら返せる。
●その時の状態で商品を交換・追加ができる。
●安い
●故障時のメンテナンスを任せれる。


デメリット
●新品ではない
●自分のものにはならない
●利用規約がある(面倒)


前使用者の利用状況が気にならなかったり40歳以上の方ならレンタルが安くていいですが、いろいろな書類が必要で手続きが大変だったり、いくら長期間支払っても自分のものにならない、40歳未満、といったことで、購入する人も最近では多くなっています。

長期の利用なら購入するほうがお得



費用の面を考えれば長期使用するなら購入のほうが元は取れます。介護ベッドは使用する本人の為はもちろんのこと介護者の負担を軽減する役割も大きく果たしますので、よく調べて、相談して購入しましょう。


電動ベッド、機能や値段を考えながら調べると、ピンキリですね。


1モーターと2モーターがありますが、おすすめは、1モーターです。下部はクッションなどの代用で充分です。
ベッド自体が動かせること、将来車椅子などの使用の時、頭部以外の部分はフラットがいいと思います。左右両方からの介護、必要器具が側置できるものがおすすめです。


よく購入されているのが10万円程度のものです。
このクラスでも立派で、宮もついていてちょっとしたものを置くスペースなんかも充実。
おしゃれなものもたくさんあるので、介護で使わなくなっても、マットを交換して自分のベッドとしても利用できるほどです。


10万円も持っていないという時には足りない分お金を借りることもできます。
手持ちに6万円あるなら足りない残りは4万円ですよね。


その4万円がもし次の給料で支払いできるなら、今はとりあえずお金を借りて全額支払っておきましょう。
長期のローンを組むほどでもないお金を借りるならこちら


現金一括で購入して、サイドテーブルや手すりなどをおまけで付けてもらえることもあるので相談してみましょう。


利用者の満足度が高いローン特集♪


サブコンテンツ

このページの先頭へ