借りやすいカードローンを選ぶなら

急な出費などで現金が必要になった時に、お金を借りるなら、銀行消費者金融などが浮かんでくると思いますが、同じ借りるなら借りやすいカードローンがいいですよね。

カードローンには、審査がつきもので、それによって利用できる金額の枠ができます。

審査には通ったけど、限度額が低くて結局他を探さないといけなかったり、

限度額は少なくてもいいからすぐに現金を用意出来るところを探す場合

とでは借りやすさの基準が違ってきます。

銀行?消費者金融?

 

限度額が大きいのは銀行カードローンです。総量規制という決まりによって年収の3分の1以上借りれるのは銀行なのです。銀行は、総量規制の対象外なので、年収による規制がありません。

また、お金を借りる際普通は源泉徴収票や、所得証明書などの収入明細書が必要になってきますが、収入証明書不要で借りる事ができる金額の上限も大きいのが銀行の特徴です。消費者金融では、50万円が限度というところが多いですが、銀行では、100万円以上と利用限度額も大きいのです。

あと、専業主婦の方が借りやすいカードも、銀行カードローンです。現状では、専業主婦の方が借入できるのは銀行カードローンだけです。これも総量規制が関係してきます。

ということで、借りやすいカードローンが銀行の場合は、

● 年収の3分の1以上借入したい場合
● 専業主婦の方
● 50万円以上を収入証明書不要で借入したい場合

になってきます。

次に限度額は低くてもいいからすぐにお金を借りれるという借りやすいカードの場合は消費者金融のカードローンです。

無担保でスピーディーにお金を借りることができる消費者金融のカードローンは利便性に富んでいます
審査の早さ融資までの時間借入や返済の簡単さの面で銀行よりも優れていると思います。

審査はほとんどの消費者金融が即日に行われ、融資も契約後カード発行がすぐに出来、その場または近くのコンビニなどでキャッシングできるのですごく便利ですよね。
返済もコンビニからできるというのはうれしいところで、全国どこに居ても返済できます。

50万円以下の少額の融資希望なら、収入証明書不要で申し込み出来ます。
あと、金利のかからない期間があるというサービスがあるのも消費者金融ならではです。短期間での返済ができるなら消費者金融のカードローンがいいと思いますよ。

ということで、借りやすいカードローンが、消費者金融の場合は

● 融資までの時間を早くしてほしい
● 50万円までの少額融資希望
● 返済の利便性がいい
● 金利のかからない期間(短期間返済すること)の利用を考えている

しかし、どちらのカードローンを選ぶにしても、借金である事は変わりありません。

借りやすいカードローンとして、いろいろなところがありますが、安心してお金を借りようとすると審査は確実にあります。

審査が甘いとか審査なしという、怪しい言葉には騙されないでくださいね。無名の小さな金融機関は危険です。

あなたにとって借りやすい+安心できるところを選びましょう。

利用者の満足度が高いローン特集♪


サブコンテンツ

このページの先頭へ