単身赴任で二重家計|毎月赤字でお金がない

単身赴任、家にいないのは嬉しいけれど、お金がなくて赤字に悩む。


単身赴任、もちろん離れて過ごすので家計は二重に、慣れない環境で仕事をしてから家事まで行わないといけないのでどうしても多めにお金を渡さないといけませんよね。


生活用品や家電製品、多少は揃えないといけません。それも会社から支給されればいいですがよほど手厚い会社でないとほとんど自分で買うことに。自己負担は必須です。


単身赴任ってお金がかかりますね。期限が決まっていても超過する場合もあります。赴任期間は赤字覚悟と割り切って考えていても、お金がないことにイライラするものです。

単身赴任節約方法



★住まいは会社から指定でなければ、家具家電付きのマンスリーマンションを選ぶ。…家電を買う大きな金額を抑えることが出来る。
★お金が1番かかる食費代ですが、もし、つきあいで飲み会があったり接待をされる仕事なら経費で落ちる食事会になるべく多く参加してもらう。…食時代が浮いてさらに交友関係も広がるので一石二鳥なのでは?
★自炊ができるなら土日に頑張って作り置き
★水道・光熱費は出来るだけ使用しないようにコンセントの元栓から締める。
★理美容代も「1000円カット」に行って節約
★クリーニング代も、形状記憶シャツを選べば家で洗濯できますよ!
★タバコはやめる

一番かかるのは帰省費用!!



帰省のための費用というのが1番お金がかかってきます。帰る頻度や距離によっての交通費も違いますが、子供の年齢でも帰る頻度が違うと思います。頻繁に帰省したいという場合には家計に大きく影響してきます。
お金がないときはこの帰省を我慢する人が多いようです。





でもあまり「節約節約」とお金を削りすぎるとお互いストレスも貯まるものです。
単身赴任で旦那さんも見知らぬ土地で頑張ってくれているので「少しだけ息抜きさせてあげるお金」を渡してあげるとか、たまに帰ってきた時には腕を振るってご馳走を作ってあげるとか、単身赴任生活をお互いで楽しむ工夫をしてみましょう。


利用者の満足度が高いローン特集♪


サブコンテンツ

このページの先頭へ