友達の結婚式 ご祝儀 3万円

いくら包んだらいいか分からない結婚式のご祝儀

新郎新婦との関係や式場の格式、ご祝儀を包む側の地位や年齢、地域や習わしでも違いが出てきます。

金額も大事ですが何より大事なのは「贈る気持ち」なのではないでしょうか?

ご祝儀の金額の目安は?

友達の結婚式の場合の相場は大体2~3万円といわれています。社会人1~2年目なら2万円という人も多いでしょう。
昔から割り切れる数字は縁起が悪いとされていました。しかし最近は「2」=「夫婦」「ペア」と考えられるようになり2万円を包むことも珍しくなくなってきました。

ただし縁起を担いで偶数を気にする新郎新婦もいるので、2万円を包む場合には、1万円と5千円札を2枚として、お札を奇数にしましょう。

夫婦で出席の場合には?

一人一人ご祝儀を包んでいくのではなく、二人分まとめて贈りましょう。一人2万円もしくは3万円と考えた場合、二人では4万円もしくは6万円となりますが、偶数は縁起が悪いということで、間の5万円を贈りましょう。ただし、5万円では少ないんじゃない?となった場合には7万円にするか、5万円のご祝儀に1万円程度の贈り物をプラスしてもいいでしょう。

行けなくて欠席した場合には?

出席する場合の金額の半分または3分の1の一人1万円前後を目安としましょう。
これは出席した場合のフルコースの料理、引き出物などのもてなしを差し引いた金額となります。

親しい間柄なら現金ではなく心を込めたお祝いの品物を選ぶのもいいですね。
あらかじめリクエストを出しておき、二人が希望するものをプレゼントしても喜んでもらえます。

やむを得ず出席出来ない場合には、マナーとして祝電を送りましょう。午前の披露宴の場合には前日までに送るのが安心です。

20代~30代前半なら 2~3万円
30代後半~40代なら 3~5万円

といった感じでしょうか?
結婚式場が近ければ、足代はそれほどかかりませんが、新幹線や飛行機などで行かなければならない場合には交通費も結構かかってしまいますよね。ということは、「3万円+交通費」確かにキツいです。自分が仕事をしていればまだしも、学生や休職中・求職中の場合にはお金がないのは当たり前です。

ご祝儀は一律3万円と決まっているものではありませんが、お料理代、飲み物代、席料、引き出物代等…それなりの金額がかかっています。

今3万円出すか出さないか?これは後で自分に返ってくるものです。少々きつくても3万円包むことをお勧めします。

「結婚式」自分のこれからの事も考えて「3万円」高いかどうか?あなたはどう思いますか?

利用者の満足度が高いローン特集♪


サブコンテンツ

このページの先頭へ