大阪都構想の世論調査と反対結果で分かった現代

大阪都構想の夢はなくなってしまう形に進んでいますが、個人的には残念な感じもあります。

大阪都構想の意見は色々あるかと思いますが、それ以上に世論調査の結果での投票率は過去最高投票率を誇っている。というこはそれだけの注目度、関心度が若年層から高齢者層まであったということ自体が意味のあること。

しかしながら投票率でいうと高齢者となる年配層が多くなっているので結果的には、高齢者の意図のままに現実になっている?

そんな感じがしますね。

賛成派意見自体は年齢的に見ても若年層は賛成意見が多い。配分としては。

でも投票では高齢者層は反対意見が主。 ⇨ 結果:反対

でも今後の社会を担っているのは、若年層。

世の中は高齢者の為にあるの??

ネット投票があればどうなっていたのか。

大阪だけに限らず、これからの未来について多くの方が関心を持った根幹となった橋下徹さんにはもう少し頑張ってもらいたかった部分はありますけど、「仕方ない」では終わりたくないところですね。

今後に期待です。

利用者の満足度が高いローン特集♪


サブコンテンツ

このページの先頭へ