審査申し込み時の嘘は最もしてはいけない事です

キャッシングやカードローンの申し込み時には必ず、勤務先や年収、勤続年数、雇用形態などを申告しなければなりません。

返済能力を確認するために審査があります。ある程度の継続した収入があるのかという点は重要になってきます。もちろん年収は多い程、勤続年数も長い程いいですが、

収入が少なくても勤続年数が長ければ、審査には有利になります。

 

それぞれの金融機関で基準は違いますが、年収としては200万円、勤続年数は2年以上あれば安心です。しかしアルバイトでも借入ができるので、その範囲以下だとしても融資を受けれる可能性はあります。

 

申し込み時に嘘を記入したら?

金融機関は、個人信用情報機関をもとにして審査していますので、キャッシング申し込みで嘘をついても、ほとんどがバレます。
パートやアルバイトでも利用することができます。アルバイトなのに、正社員と書いてダメになるのはもったいない。
そんなことがないように申告は、嘘なく記入しましょう。

最近では無担保や、保証人なしで借入できますよね。
これはキャッシング会社が「この人は信用できる」と信じてくれている証拠なのです。

少しの嘘なら大丈夫と思っている人がいるかもしれませんが、この小さな嘘があなたの信用を無くすことになるかもしれません。嘘は、意外にも簡単にばれますよ!
嘘は、あなた自身の信用を壊す行為ですので、嘘は、決してつかない。正直に申告することは、その後のあなたの信用も高めますし、今後の利用限度額をあげる事にもつながる、安心してお金を借りる絶対条件です。

もし嘘がばれたらどうなるの?

嘘がバレれば借り入れ自体ができなくなってしまう可能性がありますので、申し込みの際には、正直に本当のことを記入するようにしましょう。

万が一、嘘が通ったとしてもその後の調査途上与信でばれたときにはカードの利用停止、借入しているお金を一括返済しないといけなくなる恐れがあります

消費者金融とかの金融機関で借入する際 申し込み書をもとにして審査がありますが、嘘の申告は、絶対にやってはいけない事なのです。

嘘をつくことに何のメリットもありません!

これを頭に入れて借入の際の申し込みは慎重に行いましょう。

嘘をついて二度と借りれなくなるより、正直に申告して、少額でも借入できる方が、ほかの借入できるところを探す方が、いいですよね!

 

利用者の満足度が高いローン特集♪


サブコンテンツ

このページの先頭へ