市県民税を滞納して支払いできない…延滞金利と免除と差し押さえまとめ


市県民税とは、1月1日に居住する市町村で課税されるものです。会社員であれば給料から天引き(普通徴収)されますが、自営業者などの場合や無職の期間などがある場合などには(特別徴収)で給料天引きではなく自分で支払いする方法の2つがあります。


市県民税は給料天引きにすることで滞納が減少するので会社員の方はまず普通徴収の給料天引きになります。しかし自営業の方などは自分自身で口座振替などの支払い方法で支払いする特別徴収と言う形での納付になり、前年度の収入によって徴収されるので売上が下がってしまったりした場合には滞納してしまいがちな税金の一つです。


ですが、市県民税に関しては滞納しても損することしかないといのが事実で、滞納すればするほど損をする事になります。

市県民税を滞納すると損するワケが…?




2013年までが市県民税の延滞金利率が14.6%で2014年からの市県民税が9.2%で現行は9.0%の延滞金利が付くようになっています。

以前よりかは延滞金利は低くなりましたが、督促状が届いた時点で督促手数料が上乗せされ他状態での支払いになりますが、

督促状の納付期限内に納付しないで無視していたりすると滞納者の給料差し押さえから財産調査などの結果によって強制執行が行われることになります。



主な対処方法としては納税課から滞納の通知が来たら期日内に納付する、又は納付できないのであればその旨を納税課に連絡して分割納付などの措置の相談をするということが何よりも大事になってきます。


要は、市県民税の納付期日から20日が経過した時点で督促状が郵送されますが、督促状を出したのにも関わらず無視をしていたりすると延滞手数料が加算されて延滞金も掛かってきます。


この次の段階が財産調査に入り、勤め先からの給料差し押さえ、又は財産があるなら財産の差し押さえなどの自分だけ問題では終わらない話にまで発展してくるということです。この段階ではまだ支払いをすれば間に合いますので、会社員の方なら事務所全体に滞納問題が明るみになることになりますし、


自営業者の方なら自身の財産の差し押さえが入ってきます。金融講座の調査票が送られてきたりして日常生活自体に更に負担が掛かってくる状態になるので早い対処が必要になってきます。

今日銀行ATMで現金を引出して滞納金額を支払いできる低金利カードローンがこちら


市県民税を支払いすることが出来ない人はどうやって支払をしているの?




納税自体は憲法で決まっている国民の義務です。よって逃げることは実質不可能なので、督促状が来て「3ヶ月位は大丈夫だろう…」という甘い考えでいると後から延滞金地獄が待っています。消費者金融と金利などは大差はないのですが、滞納金額に寄って借入先は変わるかと思いますが、


いずれにしてもさっさと支払をしておかないと自分の首を自分で締めているのと変わらない状態にしているのと同じことで、自営業者の方などなら尚更公的融資や助成金などの活用もしにくくなってきます。


その他にも、国民政策金融公庫などの与信の際にも個人の納税は確実に把握されているのでキッチリとした納付をしていないと融資をしてもらいたいのにしてもらえない、心象がよくないと言う事が起こってきます。


結局は、会社員であろうと、自営業者であろうと支払わなければらないものなので早めに支払いをすることが一番なので、50万円以下程度の少額なら消費者金融の借入50万円を超える借入を希望するときには銀行カードローンを活用してまずは自分の信用に傷をつけないことが第一に優先です。


これらの総合的な部分が、車を買い替えたい時や住宅ローンを組みたい時、賃貸住宅やマンション、アパートに入居したい時の与信審査などで審査通過することが出来ない原因にもなってきますので、最低限の国民の義務はどう合っても果たさざる負えないということを念頭に置いておきましょう。

生市県民税を支払いすることが出来ないといっても、前年度の収入に応じて決められるから回避不可




そうです、市県民税などの税金の類は前年度の年収によって決められるので、現状はそこまで給料がないと行っても同しようもない、支払う以外に道はないということです。支払えないならドンドン延滞金がかさんでくるので逃げ場のない生活になってしまいます。


コレだけは確実に避けたいところなので、カードローンを利用してさっさと税金の問題などは解決したほうが、以外にも結果的な総合支払額と心的ダメージを考えるとカードローンを利用するほうが圧倒的に安心して生活することも出来ますし、毎月延滞金が延滞金を膨らませていくという二重苦にならずに済むのでさっさと支払いしてしまいましょう。


延滞金の金利は高いと思うのはよく分かりますが、納税自体は前途の通り国民の義務なので果たさざる負えないのです…。納税意志をきちんと示さないと滞納処分の対象として調査されることになるので早め早めの対応が確実に功を奏すので支給対応するように、相談するようにして下さい。


滞納通知書の納付期限がすぎていても、コンビニなどでの滞納期日内でないと支払いすることが出来ませんが銀行窓口なら借り入れしてそのまま延滞金を期日を過ぎていても支払いすることが出来る点もやはり銀行ローンや消費者金融などのローンはうまく使えるので活用して滞納生活から早く脱却してみてください。

利用者の満足度が高いローン特集♪


サブコンテンツ

このページの先頭へ