平均年収の348万円でお金をいくら借りられる?

年収300万でいくら借りられる
20代〜30代の平均年収が200万円〜300万円〜400万円と言われていますが、その中でも平均値として割り出されている金額が「年収348万円」となっています。

この平均年収でどれくらいの金額を借りる事が出来るのか?というと総量規制対象の消費者金融では116万円まで借りることが出来ます。

あくまでもMAXなので初回の貸し付けからこのような金額で利用する方はほぼ居ませんが、消費者金融でもここまでの金額まで対応することが出来ます。

年収300万円でお金を借りるなら100万円が総量規制内で、年収400万円なら総量規制対象内で133万円が限度額に相当してきます。年収200万円なら66万円が総量規制での限度額になってきます。

しかし総量規制(年収の1/3以内の貸し付けの法律規制)で決められている金額でも信用融資(無担保・保証人なし)なのできちんと返済するという実績はやはり必要です。

いきなり自分の年収の限界の金額を貸してくれるわけがありません、個々人のライフスタイルから必要な金額に応じて限度額が決められます。

従って平均的に年収300万円程度の方は15万円程度〜50万円程度の金額には収まって来ます。ここから返済実績を積んでいくことで増額などによって限度額が増えていくことになりますので、まずは自分の信用をあげることが大事になってきます。

年収348万円の方も安全に信頼して利用することが出来るカードローン

年収300万円代の上手なお金の借り方は?

初回借入が50万円以上になってくると収入証明の提出が必要になってきます。

どういうことかというと、金融庁からの指示で50万円以上の借り入れの際には収入証明書の提出が義務付けられています。(=審査が厳しくなってくることになって来ます。

従って、年収に問わずに必要最低限度の金額を限度額に設定してから利用実績を作っていく、信用を作っていくことが上手な使い方で、

数十万円程度の資金の借り入れが一番上手な借り入れでもあり、返済の負担にも利息が負担にもならない借入金額に相当してくると想定できます。

年収300万円キャッシングまとめ

普通に生活して行く時に必要な資金が不足しがちな年収300万円ラインでは特に「必要なときだけ」「必要な資金のみ」を「限度額のみ設定して」から利用することが安全に負担なく利用することが出来る借り方になってきます。

自分の収入に応じた借り入れをする事が大事なので、その他のローンなどが有るのであればそれらのことも考慮した返済計画を持ってから

利用することが何よりも自分自身の信用情報をキレイにしておくためにも大事なことになってくるので覚えておいてみてください。

利用者の満足度が高いローン特集♪


サブコンテンツ

このページの先頭へ