平日14時過ぎても当日すぐにお金を借りる方法

通常当日融資を受けるためには14時までに審査完了しておく必要がありますが、14時を過ぎても

  • 即日現金を融資してもらいたいケース
  • 即日口座振込してもらいたいケース
  • この2つの方法で14時を過ぎていてもお金を借りることが出来る方法があります。

    通常キャッシングでは審査申込は365日24時間審査申し込みすることが出来ますが、利用サービスによって異なって来る部分はありますが、自動審査の時間、振込手続きの時間などによって変わって来るので以下にて解説ていきます。

    即日融資と即日振込の違いを明確にして確実に借りる♪

    14時までに審査完了してなくても融資は平日、休日問わずに行うことは出来ます。(※借り入れサービスによって異なります。)

    通常14時までに審査も仕込みをしていないと振込キャッシングをすることができません」が、

    各サービス指定の口座を持っていればそんなことも関係なく利用することが出来るのでこの辺りはこちらも参考にして検討してみてください。

    関連記事
  • プロミスの瞬フリ(振込キャッシング)は24時間いつでも♪
  • (業界で唯一365日24時間いつでも指定口座があると利用することが出来る融資先の詳細記事です。)

  • 即日振込融資の審査時間と振込時間表
  • (指定口座を利用することでどのような利用が出来るか明白に選別することが出来ます。)

  • 本人確認と在籍確認書類についての真相
    (同時に知っておきたいお勤め先確認という名の「在籍確認」について正しい理解を持って安心してキャッシングするためのコンテンツ)
  • ただ単純に指定口座以外の振込融資を希望するなら通常は14時50分(平均的に)までに審査完了しておく必要があります。

    対処方法
    ⇨ 指定口座を持っていない方でも当日お金を借りたい方は、14時までに審査完了していなくても無人契約機は借り入れサービスによって異なってきますが、

    9:00~22:00※一部21時もあります。(プロミス)から21時(モビット・アコム・アイフル等)まで利用することが出来ます。

    即日融資と即日振込のまとめとしては、各サービス指定の口座を持っている方は「振込融資が長期的にも優勢」となり、14時以降の当日融資で指定口座なしで(有りでも)現金で必要な時には自動契約機に行くことで最長で22時までお金をスグに借りることができるシステムになっています。

    即日現金融資をしてもらいたい時には自動契約機を併用する

    平日の14時以降の融資でも即日現金融資を希望する方の一番スムーズな利用方法になるのが、WEB審査申込からの22時か21時までにカード発行してから、そのまま現金を引き出すことが一番手早い方法になります。

    一番シンプルな利用方法で次回の借り入れからご返済の際には、提携ATMやコンビニで借り入れ&返済を行うことが出来るようになっているので

    誰かにお金を借りているということがバレるわけでもなく(自分の口座から引き出していると思われる)、

    返済していることがバレるわけでもなく(預入していると思われる)ので安心して使うことが出来る点もこの利用法のメリットの一つになっています。

    この現金融資と振込融資を自分の利用環境に合わせえて使い分けて利用してみると目先の利用だけではなく、その先の返済のことまで考えた利用をすることが出来るようになってきます。

    長期的な視点⇨返済の時まで考慮した融資先を選ぶことが今の現状で一番必要とされていることになってくると思われるので参考にしてみてくださいね。

    利用者の満足度が高いローン特集♪


    サブコンテンツ

    このページの先頭へ