待機児童の解決策とその実態がドロドロだった

待機児童問題解決策


待機児童問題の現状は共働き世帯や出産後も継続して働きたいというWOMANパワーのおかげで助かっている企業が多い分、必要とされる保育所や託児所などの数も必然的に多く必要になってきます。

様々な待機児童解消の保育所の増設や各種保育サービスなどの取り入れなどが行われていますが、未だに待機児童ゼロは実現できていないのが現実です。



待機児童解消対策によって保育所への入所児童の増加へと繋がっていますが、1才児の入所が特に入所問題に直面するケースが多いですが、3歳以上になると比較的に入所しやすいという保育所特有の人員の不足による問題が第一ににあります。

  • ◯歳は、何3人につき1人の先生
  • ◯歳以上は、何15人に付き1人の先生


  • という風に保育所や民間・公立などによって変わりますが、職員の配置数が決まっているので3歳以上の手間がかからなくなってくる年齢の子供達は入りやすくなる傾向にあります。待機児童の数自体は年々徐々に減少傾向にはありますが保育士の不足のほうが至急の対応が必要で、待機児童解消する為の第一優先事項とも言える部分です。

    第一に解決したい保育士不足の原因は給料?それとも他の問題!?



    保育士不足の原因の一つになっているのが、勤務時間で家庭との両立が難しいという意見が強いと言われていて、給料面では妥当と思われている方もいれば、勤務内容と比べると安く感じるという方も居ますが、賃金の問題は自分で選んで勤務していることなので保育園側に合わせる他ないので、家庭との両立が懸念冴えているケースが多いと思われいます。


    そして保育士不足の原因とも言えることが、雑務に忙殺されることなどが多く毎日一人づつに日記を書いたりという事務や雑務による勤務時間など増加などが家庭環境に影響を与えている面もあり、保育士の資格保有数が増加しているのに保育士が不足している原因の一つになっていると考えられています。


    待機児童問題解決とは一見異なる問題に見られがちですが、受け皿となる保育所の雑務などの軽減などからやり方の見直しなども必要な項目でもあり、保育士の事務や雑務の簡素化など可能な策も検討していく必要が有るかと思われます。


    それによって保育士の質が下がりモンスターペアレントがという問題も多くなってくる二次問題も浮上してくるので何度の高い問題でも有りながら解決せざる負えない問題なので、ある程度の一線を引いて保育士の確保をしていく事が待機児童ゼロへと繋げる打開策になってくるのかもしれません。

    利用者の満足度が高いローン特集♪


    サブコンテンツ

    このページの先頭へ