旦那の給料が少ない?それとも安いと思っているだけ?

旦那の給料が安い
旦那の給料が少ないと思っている方にまず見てもらいたいのが国税庁の給料統計です。


旦那さんの年齢、職業別の平均的な給料がわかると思いますので給料明細や源泉徴収票などを見て比較してみてください。

全国平均で20代から40代のお金がたくさん必要な時期の旦那さんの給料としての平均は398万円という計算になります。

月々に換算すると毎月の総支給額が33万円で手取りが20万円代が平均的なラインになってきます。


業種別平均給料

年齢別平均給料国税庁HPより引用

旦那さんの給料が30万円を超えているなら平均より上の水準にあるといえます



旦那の給料が安いと思っていても総額で30万円有れば平均に達しているので他の方はそれでも生活を出来ているとも言えます。


水道光熱費、車のローンや旦那のお小遣い自分のお小遣い(嫁のお小遣い)、食費に家賃や住宅ローン、日用品代やガソリン代、病院の費用や携帯の費用など切り詰めて生活してもどうしても限界があります。

手取りで30万円を超えている方は逆に生活水準が高いので生活費が高くなっている傾向に有るようです。

給料に合わせた身の丈に合った生活をするのが最大の難関



給料に合わせた身の丈に合った生活は確実に大事で給料以下の生活をすることが一番大事です。ご自分のご家庭の中での支払いの優先順位を決めて、節約の余地のある部分を増やして固定の支払いを最小限にする。これが一番理想的なプランかと思いますが、


各家庭でどのような将来設計をしているかにもよりますが、将来設計をしていないという方はこれを期に節約生活をしていくのもお金の心配をしながら生活をしていくよりも大事なことなので継続的に貯蓄もしていくことが出来ると思います。


うまく各家庭の生活の中に取り入れて、他の人と比較せずに自分の家庭と人の家庭を比較すること無く自分の家庭の収入に応じた生活をしていきながら無駄を省いて貯蓄できるスタンスを築いていきましょう。

利用者の満足度が高いローン特集♪


サブコンテンツ

このページの先頭へ