残価設定ローンについての最新解説

残価設定のローンは最近利用している方が多いですが、損してしまうことも多いので予めしっかりと把握した上でご利用になることをオススメします。何と言っても、残価設定ローンはクレジットローンなので審査が緩い傾向にある為返済困難になってしまうケースが多々あるようです。


審査に通りやすいから審査に通り、その勢いでそのまま契約書を書いてしまうという、安易な状況になら無い為に予めしっかりと把握してから利用検討してみて下さいね。


残価設定ローンとは一体何なのか?


残価設定ローンとは、残価=最終の支払時期の車両本体の価格を省いて残りの金額のみでクレジットローンを組むという方法です。子供の成長に合わせてや自分のライフスタイルに合わせて車両を定期的に乗り換えしやすくするシステムといえます。


だからいつもよりもワンランク上の車を購入することが可能になります。例えば5年契約の残価設定ローンなら、5年後も乗り続けたいと思えば残価のローンを一括支払いすればそのまま自分の所有車両として乗り潰すことも出来ます。(※残価を更にローンを組むということも可能です。)



要するに、今は小さいコンパクトカーで良いけど、5年後には子供も大きくなるのでワンボックスカーに乗り換えるという形で生活スタイルに合わせた車選びが可能にしているのが残価設定ローンになります。


新車にばかり乗り換えられるので残価設定ローンで普通では購入することが出来ない車両まで手が出る様になってしまいますが、残価設定ローンの落とし穴もしっかりと有るのでまずはデメリットの面をしっかりとチェックしてみて下さい。

残価設定ローンの落とし穴とデメリット


残価設定ローンは審査も通りやすいし、ワンランク上の車に乗れるので満足度も高いので安易に利用してしまいそうになりますが、デメリットの面がおおくあり制限も有るのでまずチェックしてみて下さい!

  • クレジットと会社が金利を多く取り、自動車会社が車両の買い替えを促進させているだけ!
  • 月々の走行距離制限や傷や凹み等による残価の減額による最終支払い時の負担が多くなる傾向大!
  • 残価にも金利が掛かり、通常の自動車ローンよりも圧倒的に高額で購入していることになる!
  • 毎月の負担は少ないように見えますが最終支払部分にすべて後回しにしているだけ!
  • 新車なので車両保険に本体価格以上の保険に入っていないと万が一事故でもすると大惨事になるので保険負担も大…!
  • 車両契約者はディーラーで車両使用者が本人なので満期が来るまでディーラーに借りているのと同じ…(涙)

自動車は見栄を張る最も良いステータスの一つかもしれませんが、残念ながら消耗品でバランスシートで言うところの負債にしかなりません。持っているだけでお金がかかってしまうものなので少しでも損失を抑えて購入することが重要になってくることかと思いますので車選びをはじめたら、


残価設定ローンだけではなく、銀行ローンなども含めて並行して焦らずに検討してみることが何よりも大事なことになってくるかと思います。そして残価設定ローンを検討するのであれば、「途中解約をする=残債一括返済」となり、必ず損をしてしまいます。



もし残価設定ローンを利用するのであれば、残価設定期間は確実に乗らないとものすごい損失にしかなりませんので確実に「残価設定ローンは契約期間満了まで乗る事が最前提」という事を忘れずしておいて下さい。

残価設定ローンを使って購入しても良いと思う方は?



残価設定ローンを利用して車両購入をしても良いと思う方は、法人の方で新車を5年で減価償却してから5年後の車両を償却しきった後に買い取りして残価より高い車両を選んで買うというパターンが一番おすすめです。


この際に、セダンなどは値落ちが大きいので車両の減価償却後に余り得をする車両ではありませんのでSUVであったり軽自動車やワンボックスカーなどは車種によっては値落ちが少ない車両も多いので検討視野に入れてみて下さい。


その他には、単身赴任の方や車にすぐ飽きるかたなども上手く利用する事ができる可能性が高い属性でも有ります。何と言っても大きい買い物なので慎重にその場で契約をして後から後悔してしまうようなことがないように検討してみて下さいね。


ちなみに、「車屋さんで残価設定ローンでの車両購入の事を良いように言う方は居ない」のでこのことも視野に入れて利用検討してみて下さいね。

利用者の満足度が高いローン特集♪


サブコンテンツ

このページの先頭へ