母子家庭でお金が足りない時借りれるのは?

いろんな理由でシングルマザーに…。母親一人で子供を育てて行くことになった時、母親の仕事にもよりますが、女性一人の収入で子供を養って行くというのはとても大変です。


日々の生活でもいっぱいいっぱいなのに、予定外の出費があった時には「お金を借りたい」と思うこともあるのではないでしょうか?

そんな「お金がない状況」の時考えて欲しいのが、そのお金をもし借りるとして、分割で返済できそうか?できそうでないか?ということです。



一度には払えないけど、分割で支払って行けそうな金額なら、安心の金融機関で借りればいいと思います

働いていれば母子家庭でもお金は借りれる



最近の消費者金融では、母子家庭であっても働いていて安定した収入が毎月あれば、お金を貸してもらうことができます。
もちろん、シングルマザー、母子家庭だからと審査が不利になることもないので安心してお申し込みください!

母子家庭だからこそ返済計画はしっかり立てること!



お金に困って借りるのは悪いことではありません。ですが「返済計画」はしっかりと考えてから利用しないといけません。

子供がいると急な出費が出ることもあります。返済計画をギリギリにしていると急な出費が出たときに毎月の返済がキツくなってしまいます。なので、返済金額はゆとりを持って計画をたてて、万が一の事態に備えておきましょう。



母子家庭におすすめの最低返済金額が2000円からと低く、無理なく返済できるキャッシング♪

母子家庭の手当金、助成金もらっていますか?



助成金や手当金などを有効に利用していくのはとても重要です。申請が必要なものもあるので確認してみてください。


1、児童手当
2、児童扶養手当
3、児童育成手当
4、特別児童扶養手当
5、遺族年金
6、母子家庭・父子家庭の住宅手当
7、生活保護
8、ひとり親家族等医療費助成制度
9、乳幼児や義務教育就学時の医療費助成


他にもある、母子家庭(シングルマザー)の減免、割引制度


1、所得税、住民税の減免制度
2、国民年金・国民健康保険の免除
3、交通機関の割引制度
4、粗大ゴミ等の処理手数料の減免制度
5、上下水道の減免制度
6、非課税貯蓄制度(マル優)
7、保育料の免除と減額


各自治体などで助成金や減免制度等を準備していますので、それぞれの受給条件をしっかりと確認して活用できるものは活用していきましょう。それでも足りないときは、返済計画をきちんとたててキャッシングの力を少し借りるのも賢い利用の仕方だとおもいます。


利用者の満足度が高いローン特集♪


サブコンテンツ

このページの先頭へ