消費者金融と銀行ローンの違いとは?

お金の借入を考えたときに、キャッシングや、カードローンが浮かんでくると思いますが、「どこで借りても一緒じゃないの?」と思っている人が多いのですが、実は、違うのです。

最近では、サービスもよく似たものがありますが、借入先には、大きく分けて、「銀行」「消費者金融」があるのです。

銀行と、消費者金融、それぞれの特徴は?

銀行……銀行が取り扱っている金融商品です。

総量規制の対象外

年収の三分の一以上の貸しつけはできないという法律ですが銀行は「貸金業」ではないため、これに当てはまりません。

金利が低い

銀行の審査は厳しいので、金利が低めに設定されています。審査で、貸し出す人を限定しているため、貸し倒れの心配がありません。
そのため、低い金利でも大丈夫!というわけです。

金利の計算方法は、「元利均等返済」or「元加方式」が主な計算方法です。

専業主婦でも借入可能な場合がある。

配偶者に安定した収入があると限度額内で借入できます。

消費者金融……個人に小口の融資を行っている金融機関(銀行を除く)

総量規制の対象

総量規制の対象になるので、年収の三分の一までしか借入できない。

融資までの時間が早い

審査も早く、融資までがとてもスピーディーに!即日融資も可能。
早いところでは、30分ほどで、融資を受けることができます。

利便性に優れている

コンビニATMやネットキャッシングに対応。
返済もコンビニATMやネットバンキング、口座引き落としなど、柔軟に対応。
場所や時間を気にすることなく返済できる。

金利の計算方法は、、「定率リボルビング」「借入スライドリボルビング」「残高スライドリボルビング」それぞれ違いはありますがリボルビング方式返済が主な計算方法です。

タイプ別のおすすめは?

銀行キャッシング

  

 

  ● 初めての方…まずは銀行から!総量規制の対象外ですので、あとから、消費者金融から借入することになっても、銀行のローンは含まれないからです。

  ● 高額の借入希望の方…おまとめローンや借換えなど。

  ● 専業主婦の方…消費者金融では借りれません。

  ● 少しでも低金利がいい方



消費者金融キャッシング

 

  ● 即日融資希望の方…銀行での即日融資もありますが、条件が厳しく設定されている。自動契約機を使えばお昼を過ぎていても即日融資が可能です。急いでいる方には、お勧めです。

  ● 審査に自信がない方…収入がたりないかも?引っ越してきてまだ、1年もたっていない?などで審査に不安な方

  ● 少額の借入を希望の方



金利のかからない期間があるのは、消費者金融!

銀行カードローンと違って、消費者金融は無利息期間を設けている消費者金融がありますので、上手に使うと(短期間で返済できる場合)銀行カードローンを利用するよりも返済額が低くなる場合があります。

無利息期間のあるキャッシングカードローンはどれ?

  

利用者の満足度が高いローン特集♪


サブコンテンツ

このページの先頭へ