自分が返済できる額を知ってからお金を借りる

安心してお金を借りるコツは、借入の前にしっかりと返済計画を立てることです。

自分が返していける額を把握すること



「返済負担率」・・・自分の収入に対して借り入れ額が占める割合のこと。


これは利息を含めた借入総額 ÷ 年収で計算できます。


例えば、年収400万円の人が40万円借り入れている場合は返済負担率10%になるわけです。
年収が300万円の人が50万円借りている場合は返済負担率17%ということになります。


収入によって変わってくるのですが、

この返済負担率を25%~35%までに抑えないと返済に苦しむことになると言われています。



わかりやすく分類すると

年収300万円未満・・・25%まで
年収400万円未満・・・30%まで
年収400万円以上・・・35%まで

これから借金を計画している人へ



借りたい金額に利息をプラスした額を年収で割ってみて、返済可能な範囲にあるか確認してみましょう。

返済シュミレーションを使ってみる

これは実はとても大事なことでおすすめの方法です。
「めんどくさそう」 って思いませんでしたか? すごーく簡単です。計算なんて自分で何もしなくていいのです。全部計算してくれます。


● 返済期間シュミレーション
● 借入可能額シュミレーション
というところがありますので、そこに期間や金額を入れるだけ!あとは全部自動で計算してくれるのです。


具体的な数字を見ることで借入額を減らそうかとか、毎月の返済額を少し増やそうかといった現実的な返済計画を立てることができるのです。
                 返済シュミレーションを使ってみる

利用者の満足度が高いローン特集♪


サブコンテンツ

このページの先頭へ