車検の費用がない|車検は切れる前に早めの対策を!

車検の切れた車を運転しているのがバレた場合、法律違反で免停。捕まって逮捕、拘留されることも!!


車検は、新車の場合で3年後、それ以降や中古車は2年に1度のペースで行う車の検査のこと。

車検が切れた車を乗ったら法律違反



車検に通っていない車で公道上を走行したら無車検運行といってこの無車検運行が摘発されたら違反点数は6点となって前歴に関係なく30日間の免許停止処分になります。
また、反則金ではなく、刑事罰が科せられそれは「6ヶ月以下の懲役または30万円以下の罰金」という、かなりきついものになります。


車検と同じタイミングで加入している自動車損害賠償責任保険(自賠責保険)が切れている場合は無保険運行も適用されるので違反点数は6点に加え無保険運行の6点も加えて合わせて12点。
免許停止処分の期間は90日となってしまいます。もちろん刑事罰が科され「1年以下の懲役または50万円以下の罰金」という厳しい内容になっています。

無車検・無保険運行に対する処分はとっても厳しくなっています。

どんなにわずかな距離でも車検切れの車で行動を走行することは決して許されないことです。

車検切れになると余分な費用がかかってくる



車検切れになるとディーラーや整備工場にお願いして、自動車をレッカーしてもらって車検を受けなければなりません。
もしくは、仮ナンバー取得して一時的に公道を運転できる状態にして整備工場に持っていかなければなりません。いずれにしても手続きが面倒で余計なお金がかかってしまうので車検は切れる前にきちんと受けるのが1番!


でも、お金がなくて今月は厳しい…という方もいると思います。その時には消費者金融でお金を借りるという選択肢があります。
分割でなら支払えるのに…といった希望に答えるのがキャッシング!
必要分一旦借りて全額を車検費用として支払います。


その後は、無理のない範囲で分割で支払っていけばいいのです。
20歳以上で毎月安定した収入があれば審査にも安心して挑めます。車検は早めに行うと安くできる整備工場がたくさんありますよね。


車検が切れて乗れなくなる前にお金を借りてでも車検は受けましょう。
          大事なマイカーの車検費用に利用できるキャッシングはコチラ

利用者の満足度が高いローン特集♪


サブコンテンツ

このページの先頭へ