酒気帯びで罰金が払えない

酔っ払い


酒気帯びで罰金が払えない!


お酒を飲んで運転した自分が悪いのはわかっているけれど、罰金がこんなに高いとは知らず、手持ちにも口座にもお金がない、頼る人もいない、そういった悩みで頭を抱えている人も少なくありません。

一体飲酒運転の罰金っていくらなの?



調べてみてみると、

・酒気帯び運転⇒3年以下の懲役または50万円以下の罰金
・酒酔い運転⇒5年以下の懲役または100万円以下の罰金



結構高額ですよね・・・。後悔してももう遅いという感じです。これはもうどうにかしてでも支払わないといけません。

支払わないと催促状がどんどんきますし、それも無視していると強制労働をしなくてはいけません。そのためには仕事を1,2ヶ月休まないといけないので当然会社はクビになるでしょう。

キャッシングをしてでも罰金は払うべし



キャッシングカード


このように罰金はどんなことをしてでも払わなくてはいけません。


そのひとつの方法としてキャッシングが良い方法かと思います。頼る人もいない、こんなこと誰にも言えない、そんな時にキャッシングは非常に頼りになる存在になることでしょう。

借入先のなかでも、30日間無利息サービス(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。)をしているところや、女性専用のキャッシングもありますから、どこが自分に合っているのかをしっかりと検討してみて利用してみてください。

利用者の満足度が高いローン特集♪


サブコンテンツ

このページの先頭へ