金が無いからピンチ!でも生活レベルは下げられない!

お金が無いので、保険料、車ローン、家賃、車税、水道、ガス、光熱費、携帯代などの支払いが全て遅れてしまっているなどのピンチの状況でも現状の生活水準を大幅にダウンした生活に戻すことは難しいものです。



給料の遅れ・給料の未払い・支出の多い月などの問題はサラリーマンは自分の力だけではどうしようもないものです。しかし、どうしても今月はピンチで乗り切れそうにない時には弱音を吐いたり、文句を言うよりも具体的に支払いをする為に動く以外に打開策は残念ながらありません。

なぜか下げられない生活水準という壁



何よりも、普段よりも生活水準を上げた生活をするのは簡単ですが、生活水準を下げるのは意外にも難しく、生活水準を底まで下げずに生活していくには現状のままでは解決策を打つ以外にありません。


どうしても境地に陥ると、イライラしたり頭痛がするほど悩んでも自分が動かない限りはお金も物事も動かないんですよね。

  • 仕事を増やすか?
  • 借入をして乗り切るか?
  • 支払いを更に遅らせて問題を大きくするか?

  • 多々選択肢はありますが、一番建設的な対応策の仕事を増やすという選択肢にも目先の資金には問題点もあります。

    日払いの仕事が少なく、リスクの高い仕事が多い。

    現時点で資金が足りていないのであればリアルタイムで支払いも生活もしていかなくてはいけないので男性、女性関係なく夜の仕事に一般的には従事することになるので心身の負担も大きくなってしまう傾向にあります。


    生活水準を下げずに金が無いピンチを乗り切るにはどうすれば良い?



    生活水準を下げずに金が無いピンチの状況を打破するのは、クレジットカードの支払いを延滞するのは絶対にダメです。


    参考記事:金融事故で個人信用情報センターに事故情報の保存期間について


    本当はアコムプロミスで借入して支払いをすれば問題がないのですが、クレジットカードの支払を延滞してしまうと金融事故履歴(ブラックと呼ばれるもの)になってしまうので、借り入れをすること自体も困難な状況に自分でしてしまうことになります。


    從って、生活水準を下げたくなくても、今後も自動車ローンや住宅ローンや多目的ローンの利用から、携帯電話の割賦販売などを利用する機会が多くなっていますが、これらのローンにも与信情報と呼ばれる個人信用情報の審査が行われます。


    この様な土壇場の場面で借入すら出来なかったり、恥をかかないためにも現状の支払いは後回しにせずに確実にその場その場で対処するしかないのです。

    支払いの延滞や延滞の長期化などで今後のローン利用時にまでその痕跡を残さないためにもまずは現状の支払いはどんなにお金がなくても即対応してもらうことが出来るカードローンなどを利用してきっちりご自身の個人与信情報を守ることに徹して下さい。

    お金が無い時にご自身の状況に合わせて借り入れをするならこちら参考に


    利用者の満足度が高いローン特集♪


    サブコンテンツ

    このページの先頭へ