関光彦・上田美由紀・松井喜代司 死刑囚の死刑執行~2017リスト

死刑執行
まだ本当に日本でも死刑執行が行われているのか?という方も居るかもしれませんが、残念ながら死刑執行は今だに日本でも実際に行われています。


法務省の発表で死刑囚の市川市で一家4人殺害し強盗殺人に問われていた、当時19歳の関光彦死刑囚の死刑執行を発表し、少年法のについての改正についても今後検討していく必要が有ることを考え直したいキッカケのニュースになりました。


死刑執行の方法や死刑執行の際の不手際による失敗なども有るのでは?


なども憶測として有るかと思いますが、死刑執行当日にどのようなことが行われているのかも含めてご紹介して行きたいと思いますので、見逃すことなくチェックしてみて下さいね!

2017年の死刑執行の死刑囚のリストと生い立ちなどについて


  • 1992年に千葉県市川市で会社役員市川一家4人を殺害した元死刑囚の関光彦 死刑執行


  • 世界仰天ニュースで紹介された様ですが、関光彦は暴行、窃盗、強姦、やナイフや警棒の所持をしている程に凶悪だったといいます。


    関光彦死刑囚の生い立ちとしては、父親のギャンブルや酒癖、暴力などの劣悪な環境で育ち、家庭崩壊を経験している。その後に自分の祖父の顔面を蹴り失明させたり母や兄弟に向けて容赦なく暴力を振るう様な少年だったという。


    事件の発端となったのは、ホステスを監禁したことで暴力団から200万円の慰謝料等を請求され「たまたま出くわした15歳の少女」が関光彦と出会ってしまい監禁強姦し、少女が住む自宅マンションに押し入り、15歳の少女の家族を惨殺して少女の父親を刺して200万円を要求して、会社に通帳が有るということで少女に取りに行かせている間に少女の父親も殺害していた。


    そして逮捕後も反省の色もなく「未成年なので楽勝でしょう」、と語っていたといいますが、最高裁も「少年という事を考慮しても死刑は免れない」という判断が下り死刑判決が決定していた。

  • 1994年に群馬県安中市で親子3人を殺害した松井喜代司死刑囚 死刑を執行


  • 松井喜代司死刑囚の生い立ちとしては、父親の女癖が悪く愛人に子供を産ませたり兄弟の妻にも手を出すような性格だったようです。そして父親の似たところもあり、女性の強姦殺人を起こし性犯罪者の殺人者となってしまっている。


    死刑囚の生い立ちなどは成長段階での「環境が関係している可能性が高い」とも言えますが、理由は全ては自分の強行の結果でしかないと思われます。


    松井喜代司死刑囚は、当時交際していた女性や交際女性の両親を殺害し死刑判決を受けていたが再審請求中だったとのこと。関光彦死刑囚と松井喜代司死刑囚ともに再審請求中だったにも関わらず死刑が執行されたことから再審請求中でも死刑執行になるということが今回の事で分かる。

  • 鳥取連続不審死事件を「ザ!世界仰天ニュース」で紹介された上田美由紀死刑囚 死刑執行


  • 上田美由紀死刑囚の生い立ちとしては、幼い頃から母親から酷い虐待を受けて育っていたそうで、発育環境からも上田美由紀死刑囚は日常的な素行も悪かったということです。


    本名が李美由で在日朝鮮人の5人子供が居るシングルマザーでもあり鳥取のスナックで働いていた上田美由紀死刑囚の近くにいた男性が連続不審死を遂げてしまいました。上田美由紀死刑囚の犯行の手口としては、睡眠薬を使い男性を水に沈ませて殺害するという手口でした。

    死刑執行当日のことや死刑失敗などのことはなるのか?について



    死刑執行当日は、死刑囚は仏の間のある部屋に通されてお香を炊かれお経を上げられている中で死刑執行の命令書を読み上げられて最後にタバコなどを吸うことも許されるという。


    そして死刑執行に関しては日本では絞首刑となり、約30分間吊るされたままで処刑されることになる。


    絞首刑なので、死刑に失敗するような事がないように首の骨が折れて即死状態になるか、吊るされたままの状態で放置されることになるので窒息死になるかになるかと思われますので、死刑に失敗するという事例はないかと思われます。


    今後少年法の改正や、刑の厳罰化などが進んでいるので死刑判決が増えることも予想されますが被害者の遺族や家族などの心の傷は生涯言えることが有りません。


    関光彦死刑囚のように、当時は少年だから少年院で数年暮せばすぐに出られると思っている様な悪質で反省の色を見せない犯罪者を出さない為にも刑の厳罰化を進目ていくのかもしれない。


    いずれにしても、日本は死刑制度が有るので今の日本でも死刑は行われている現実を良い悪いという問題も有るが真摯に受け止めて、より良い日本にしていく必要があるのではないでしょうか。

    利用者の満足度が高いローン特集♪


    サブコンテンツ

    このページの先頭へ