闇金と安心な消費者金融の違いは?

お金を借りる時、まずどこから借りようか?というのが気になるところですが、
「消費者金融」「サラ金」「街金」「闇金」の違い、わかりますか?

本来、貸金業を営む会社は、経営規模に応じて国務大臣もしくは、都道府県知事の許可を受ける必要があります。
こういう手続きをしていない所が、闇金といわれるところです。

闇金と、消費者金融の違いって何? どこが違うの?

それぞれの違いを簡単に説明すると、

 ●消費者金融…法律に則ってお金を貸しています。
 ●サラ金…サラリーマン金融の略で、昔よく使われていました。
     (消費者金融の呼び方です。)
 ●街金…小規模な消費者金融のことで、地域密着型の消費者金融のこと。
     (中には違法なところもあることも。)
 ●闇金…法律を無視してお金を貸しているところ。 

という感じです。サラ金=消費者金融ということです。

消費者金融と闇金の違いを、大まかに言うと、

 ■ 消費者金融=法律を守りながらお金を貸してくれる所(合法)
 ■ 闇金=法律を無視して高い金利でお金を貸す所(違法)

お金を借りるなら、法律で規制されている消費者金融を選ぶと、法律があなたを守ってくれるので安心した借入ができます。

闇金を見分けるポイント

  ★金利を表示しているか?

通常の消費者金融ならば、必ず金利についての情報があるはずです。
闇金の場合、法外な金利を適用するために、金利の情報は見せません。
最初から見せない場合は、怪しいので闇金の可能性が高くなります。

  ★金融庁へ登録しているか?

金融庁への登録をしていないために、貸金業者の証明である番号がないのです。
番号を偽って記載している場合や、廃業したところの番号を利用している可能性があるので、検索してみましょう。

 例えば、「東京都知事(1)第00000号」といった形で表されます。
 カッコ内の数字は登録の数字を表しており、3年ごとの更新が必要なのでカッコ内の数字を見れば社歴がわかるのです。
 カッコ内の数字が1の場合はまだ3年未満ということなので、1つの基準になります。

悪質業者かどうかのデータベースから検索も行えるので、確認してから、契約をするようにしましょう。
 
[悪質業者の検索]日本貸金業協会
金融業による貸金業者検索

闇金の恐ろしさ

闇金は上限金利を大幅に上回った金利での貸し付けを行います。そのため、いくら借金を返済しても元金がほとんど減らない仕組みになっていて、いつまで返済しても、完済することができず、泥沼化していくのです。

自宅や会社など、ところかまわず取り立ての電話や訪問でまわりの人間関係を壊し、考えられない追い込みを行います。
こういった取り立てのせいで、家をなくし、最悪命を絶つ人まで出ているのです。

一度、闇金を使うと、あなたの電話番号が流出しますので、気をつけましょう。
万が一流出してしまった場合、被害を最小限にしないといけないので、営業の電話があった場合などには必ず、きつくお断りしましょう。

利用者の満足度が高いローン特集♪


サブコンテンツ

このページの先頭へ