3万円借りたい時は金利軽減融資がおすすめ♪

3万円借りたい場合には、銀行でも消費者金融でも少額融資と言う融資に分類されるため、審査は比較的厳しくならないのが一般的で、通常キャッシングではこの辺りの金額の融資にはスムーズに借り入れすることが出来る範囲の金額になってきます。

特に小額融資での3万円借りたいという希望者には「無利息期間のあるキャッシングカードローン」が一番利息面の支払いも無く、

元金だけの返済で終わらせることも可能になっているので、まず先行して融資先として考慮しておきたい所になってきます。

最短で翌月返済できる方にはまず家族に借りるよりも気を使うこと無く、誰にも迷惑も文句も言われなく利用することが出来る融資先になっていますので良かったら確認してみてください。

3万円借りたいときには銀行融資よりも消費者金融の方が早い?

なによりも3万円程度の金額では銀行融資を受けるほどの金額ではなく、ある程度まとまった資金用途としては銀行融資のほうが安心の低金利で借りることが出来ますが、審査のスピードからサービス内容なども含めてまず消費者金融の方が有利にスピーディーに借りれる融資先と言えます。

融資から例えば銀行から借りる場合には、その銀行で口座を持っていたり、自動車や住宅ローンを組んでいたりすることによって借りやすくなることもありますし、口座を作れば即日で借りられるという金融商品もあります。

しかし、銀行から3万円借りるためには正社員として働いていなければ審査に通りにくい事も多いため、アルバイトやパート、人材派遣などで仕事をしている人の場合には、もしかしたら銀行では借りることができない可能性もあるのでトータル的に考慮してみても、消費者金融のほうが早い、と言う結論になります。

⇢[☆金利軽減融資の銀行系消費者金融のプロミスがおすすめ☆]⇠

少額の資金には大手消費者金融の方が有利な訳は?

銀行の審査に通らなくても、消費者金融奈良徹ということは実際にあります。もちろん金額や審査対象から外れていたりする事もありますが、消費者金融は銀行と比べると審査基準が間違いなく早いですし、

3万円を借りる場合には源泉徴収や給料明細などの収入証明がなくても借りることができたり、金融商品によってはアルバイトやパート、主婦でも借りられたりするものも少なくありません。

ただし、正社員以外で働いている場合には、借りることはできても収入が安定していることを証明するための給料明細などが必要になることも多いので、申し込む際にはあらかじめ準備しておいた方が良いでしょう。

銀行の場合には総量規制の対象にならないので、他の金融機関からいくら借りているかはあまり問題になりませんが、消費者金融の場合にはすでに3社から借りている場合や借入総額が収入の3分の1に近い場合には、3万円のカードローンでも審査落ちする可能性もあるので注意してくださいね。

少額の3万円を消費者金融で借りたい時にも注意しておきたいことは?

消費者金融から3万円借りる場合には、いくつか注意点があります。まず、借りる前にきちんと返済計画を立てることが必要です。3万円を1年間年利18%で借りると年間の利息だけで5400円となります。けっこう存在感のある金額になるのです。

少しでも支払う利息分を少なくお得に借りるためには、借りたら早期完済を目指すようにしましょう。カードローンで借りる場合には、前もって返済計画表をチェックすることも大切です。完済まで何か月ぐらいかかるのか、毎月の返済金額はどのぐらいになるのかを確認して納得した上で借りるようにしましょう。

今すぐに3万円が必要だけれど、数週間で完済できるという場合には、無利息期間がついている借り入れが便利です。たくさんの消費者金融からラインナップされているカードローンやキャッシング商品の中には、

借りてから10日~30日ぐらいの期間に完済できれば利息が一切かからない無利息期間が付いた商品もたくさんあります。こうした商品を賢く利用すれば、実質的に利息ゼロでお金を借りることも可能なのでうまく活用してみてください。

利用者の満足度が高いローン特集♪


サブコンテンツ

このページの先頭へ