企業向けの信用保証協会付き融資審査を通すコツ

信用保証協会付融資
中小企業から小規模企業まで融資を受けたい時に保証協会付きの資金調達や事業円滑化のために融資希望しているときには、信用保証協会付きの融資が通常適用されます。


希望する融資金額を保証協会付融資でまかなうことが出来ないときや、信用がすでにあるときにはプロパー融資(保証協会なしの信用のみの融資)などで対応してくれます。

信用保証協会とは?



初めて保証付き融資を受ける方には、保証協会付融資と言うものが何なのか?と思うかもしれませんが保証協会に保証料を支払い業績や用途、業種なども含めて融資されますが、


融資の際に信用保証協会と融資希望の金融機関の両方の審査が必要になってきます。通常の創業融資などの融資は日本政策金融公庫の融資審査をメインに利用する方が多いかと思いますが、国の融資よりは民間の信金や銀行ローンなど方が融資が通りやすい傾向にあります。


なぜなら国の融資に通過しているのだから、民間の融資審査は借り換えなどでは国の融資を通過している企業ということで権威になりポイントとしては加算される傾向にあると思われるからです。

結局審査は企業のスコアリング、返済能力の審査でしかないということです



信用保証協会の融資審査を通す為のコツはある?

融資に通るコツ


信用保証協会付融資は、融資希望の企業に対しての融資をバックアップするための保証人代わりであり、金融機関の融資をサポートする役割を担っています。


そして保証協会付融資は連帯保証人は代表者、又は役員のみが連帯保証人となるので他の保証人などは不要で返済困難になれば銀行に信用保証協会が全額支払い(代位弁済)して融資してもらった金融機関が債権者となり企業と連帯保証人から回収するという仕組みになっています。


前置きはココまでで、融資審査に通るコツは融資を受けるタイミングが一番大事で、その次が事業計画書になります。いずれにしても審査をするのは最終は融資担当者です。融資担当者が融資したいと思うタイミングがベストということになります。

融資担当者が融資したいと思うタイミングとは?



それは「前年度よりも業績が上がっている」や、「決算の結果が良い」、「事業計画書がきちんとしている」など展望が明るい企業に融資するのが貸し倒れのリスクも少なく融資することが出来るので積極的に向き合ってくれます。


しかし、業績が悪化してから借りようと思っても中々難しいのが現状です。「借りたいと思うときには借りれなくて、借りる必要が無い時は借りられる」ということで、融資を円滑にできるタイミングで資金調達の必要がなくてももしものときの備えたり、更に事業投資して業績を上げるために利用するほうが圧倒的に有利に借りることが出来ます。

  • キチンと返してくれる企業に貸す = 銀行も利息で利益になる
  • というお互いに敵はなくビジネスパートナーであるということを忘れないよにすることが大事かと思われます。取引先や業績、経営状況なども決算書類を分析すると手に取るように分かります。

    從って、業績が上がってきたタイミングで融資をしてもらうというのが一番説得力もあり、銀行としても融資をしやすい状況になります。全ては貸し倒れのリスクをなく融資資金を回収することがお互いのメリットであるので、事業者と金融機関の両方がメリットになるようにすることがポイントになります。

    そして融資担当者に経営状況をしっかりと把握してもらい融資を得られるように直近の試算表なども含めて提出して貸したいと思わせることが出来るかどうかがポイントになります。

    信用保証協会などの融資は売上アップがメインの審査可否に繋がる!

    会社の業績


    業績の上向きの時が売上を上げることが出来るのは簡単でも、業績が下がった要因などは説明しづらいかもしれませんが今後の展望や推移、正確な数字や業績を伝えて印象良く映るようにする以外にありません。

    売上アップの為の融資、加速させるための融資などは圧倒的に円滑に審査を進めることが出来るので、お粗末な状況になる前に前もって計画を持って進めていくことは経営する上では資金難は命取りにもなるので確実に確保しておくことをおすすめします。

    まとめとしては、先には何が起こるかわからないので借りれる時に借りておいたほうが円滑に話をすすめることが出来るので、タイミングを大事にして企業向けの融資を活用して見るようしてみてください。



    業績が悪く融資をしてもらえいないときには、売掛金の早期回収などが出来る「ファクタリング」なども使えますし、信用保証協会付融資などを希望しているけど時間がないなどのときには「ビジネスローン」がスピーディーに対応して貰うことが出来るので、このあたりも使い分けが大事ですが活用して事業難にならない経営に役立ててください。

    【PR】利用者の満足度が高いローン特集♪


    サブコンテンツ

    このページの先頭へ