葬儀費用のお金が無い!葬式金額が足りない時の方法

突然やってくる死。予期せぬ時にその時はやってきます。残された家族は悲しむ間もなく葬式をしなければならないんです。だから葬式のお金が無いと言っても亡くなった本人の貯金を落とそうろ思っても現実は講座凍結状態になり(遺産相続のために)生命保険などの手続きなども行った上で始めて亡くなった本人のお金に手を付けることができます。

葬式のお金を支払は葬儀の週間後程度に現金一括または振込み一括払いのみなのでそれまでに葬式、葬儀などの資金をまず確実に準備しておかないと急に数百万円物お金を準備することは難しくなります。

ちなみに金融機関が口座凍結するのは、家族からの申し出か新聞の訃報で分かるので、死亡届を出したからといって口座凍結するわけではありませんのでそれらのことを含めて、こちらのことを知っておくと葬儀の資金が足りないなどの問題も少しは解決できる手立てになるかもしれませんので参考になる部分があれば参考にしてみてください。

死亡生命保険金が入るまでの期間と亡くなった本人の口座凍結が溶けるまでの期間は?

葬式のお金が無い時に頼りになるのが生命保険の死亡保険ですが、申請してから普通は2週間~3週間程度です。保険代理店や営業所などに依頼している場合などは本社に依頼する形になるので最長の期間になる可能性があります。


但し、死因がはっきりしない場合や事件性があるのは、死亡保険金の一時支払差止めになるケースが多いので、あくまでも一般的なケースとして解説させて頂くと振り込みまでは3週間以内です。生命保険会社によって変わりますが、平均的にこのような期間と想定しておくと間違いないです。(書類不備などがなく事実確証があって初めてカウントされます。)


ということは口座凍結前に預貯金を引き出しておかないと生命保険の死亡保険金では早期費用に当てることは出来ないということになります。

口座名義人が亡くなった預貯金が凍結されるタイミングと引い出しのタイミングは?
まず本来は口座凍結される前に口座からお金を引き出しておく事をおすすめします。何かあればすぐにすべての口座から現金を引き出しておく。これで葬式の際の資金や相続問題などの問題も解決できることが多いです。できればこの段階で引き出せるお金があるのであれば引き出しておくことをおすすめします。

これで葬式のお金が無くても、資金に困ることはなくなったり負担が少し少なくなったりします。それでも不足分が出る場合には生命保険に加入しているのであれば「少しの期間だけの資金不足」ということになるので、葬式などにも利用することが出来るカードローンを使うと生命保険がおりるまでの期間の請求があっても即対応する体制を取ることが出来ます。

短期の借り入れでOKなので金利0円で借りれるカードローンが即日対応も可能なので、結果的にお得に使えます。

無利息キャッシングカードローン比較ならこちら



銀行のフリーローンも視野に入ると思いますが、融資までに時間がかかるのと審査難易度が高くなりながら、「借りても金利は銀行も消費者金融も同じ」でその理由が、大手消費者金融自体が大手銀行のグループサービスになっているからです。

大手の消費者金融以外は検討視野にいれるのは止めて下さいね、誠実なサービスではないので信用できません。

このようなケースの借り入れは、いかにスピーディーに借りて金利を最低に抑えて借りて短期で返すか?という事が課題です。その課題をクリアすることが出来るのは銀行のサービスではどうしてもスピード面においても、審査落ちの確率の高さも含めてトータルでキャッシングのほうが有利に使えるのが現実なんです。

借り入れは使い手次第で、うまく使える人とうまく使えない人の違いは大きく変わります。あなたはうまく使う側で消費者金融ならではの短期でメリットを出して借りることが出来るメリット部分を最大限に活かして、金利0円で借りて返せば一切リスク無しです。1ヶ月以内には最悪でも生命保険の死亡保険金が入ってくるのであればまず建て替えで金利0円で借りて返すというスタンスは確実に「有り」です。

このような利用の仕方をして、うまく活用している方も現実的に数えきれないほどいます。葬儀は何かと費用がかかりますのでみんな苦渋の決断の中で賢明な選択をしています。



葬式のお金以外にもお寺の住職さんの支払も親族が呼んでくれない場合なら自分で呼ばざる負えず、平均で一人住職さんを呼ぶのにかかる費用が10万円程度なのでこれらのお金も別途で必要になってきます。


突然の不幸に心はついて行かず動揺。気は動転。わけもわからずに言われるがまま事を進めて、請求金額を見たら、意外なほどかかってしまう葬儀費用ですが「お香典で何とかなる」と思っていたら全然費用が足らないという事になるので、不測の事態に備えていつでも資金の準備ができるようにだけしておくことで悲しさの中でお金の心配をしながら不安に包まれて葬式を進めて行くほど精神的につらい思いをする必要がなくなります。

葬式の後も健康保険組合や社会保険に加入していたら埋葬費用の補助をもらうことが出来ます



以外に知らない方もいますし、少ない金額だから貰わない人もいますが健康保険組合から死亡申請をすれば埋葬費として給付金をもらうことが出来ます。金額的には5万程度が相場のようですが、故人のお墓の埋葬費として貰えるものはもらっておきましょう。


そのために社会保険証や健康保険組合の支払いをしていたのですから、頂く権利があるので確実に貰えるものはもらいながらスムーズにストレス無く葬式を終えて、支払から保険の申請や生命保険料の受け取りから、借り入れから返済まで滞り無くきっちりと終わらせましょう。


人は一人では生きていけない中での最も近い親族の故人の葬儀なので感謝の意味、安らかに眠ってもらう意味も含めて当たり前にしなくてはならないことは頑張ってクリアしていきましょう。

【PR】利用者の満足度が高いローン特集♪


サブコンテンツ

このページの先頭へ