auかんたん決済のクレジット支払いに間に合わない

今は携帯のWebサイトの登録やアプリの課金での支払いはクレジット支払いにすることが出来ます。


今回はauでの決済をクレジットで払っていて課金をしてしまった時には恥ずかしい話で支払うことが出来ない時なるんですよね。


月々3万円ほどの金額をクレジットで支払っているのに、五万とかの請求が来てしまうと正直ボーナスなどの時に置いておいた資金がないと支払いすることって難しいですよね。私の場合は金利0円キャッシングを利用して翌月の給料分で支払いしましたがその時の事を紹介しておきます。

課金代金が払えない時に金利0円で解決したい時の方法



多くの方が生活費に困った月はリボ払いにして月々を軽減している方もいるかもしれませんが、実はリボ払いは貸金の最高年率で有無を言わずにカードローンサービスの方が返済額が安くなります。

リボ払いよりもカードローンの方が有利なPOINTは?
リボ払いでは最初から金利が最高年率の18%で支払わなければならない契約になっています。皆さんがクレジットカードを作った時に誰もが読まないようなパンフレットと同封していたものに書いています。

ですが、キャッシングカードローンでは個々人をその都度審査してしてもらって借入することが出来ます。例えば、通常良く有る金利が最低年率4%前後で最高年率が18%という風に段階を経て個々人審査結果によって借入利率が変わってきます。

従って初めから最高年率で借りることが決まっているリボ払いよりもキャッシングの方が審査を経ての融資になるので圧倒的に優位に借入をすることが出来るようになっているわけです。


リボ払いを繰り返すことにより手数料が毎月増えていき返済時の内訳が元金より手数料の方が高くなることもある


そのためクレジット払いの際に、リボ払いだとポイントを高くしてお得に見せかけている。



カードローンサービスなら借りる金額が多くなるほど年利も安くなるため、リボ払いにした分だけでも一括で払ってしまった方が後々手数料を計算すると得をしています。

クレジットカードにキャッシング機能が付いているとスキミングの被害にも合いやすくなる



しかし、カードローンサービスの場合は一度契約を済ましてしまえばわざわざカードを持ち歩く必要もなくネットから貸し入れと返済が出来るため犯罪の被害率も下げることが出来ます。

ただしカードローンサービスに申請する際にはクレジットカードにキャッシング機能がないかを確かめてほしい。



なぜならクレジットカードのキャッシング機能による上限金もカードローンの審査に入るためカードローン側の上限金が低くなってしまう。


せっかくなら多く借りて年利を下げる方が賢明である。


上記よりクレジットカードの返済が間に合わない場合はリボ払いに変更するのではなく、カードローンサービスを利用して月々の支払いを一括で払ってしまう方が良いでしょう。結果的に私自身も一括したことにより無駄な手数料は最小限に抑えて利用することができいているのでそれが一番の証拠かなと思います。

【PR】利用者の満足度が高いローン特集♪


サブコンテンツ

このページの先頭へ