給料日が土日曜日の場合は翌営業日振込。月曜日までのお金の問題

給料日が休日の場合


給料日が土曜日や日曜日、祝日などの休日の場合には口座に振込されるのは銀行の翌営業日扱い(休日明けの月曜日、または休日明けの平日)になります。


給料日を「前倒し」で振り込まれることはなく、振込日が土曜日・日曜日なら「後押し」の翌営業日扱いの振込となります。


勤務する会社が小規模な企業なら融通を効かせて前倒しで振込してくれる会社もありますが、勤務する会社の就業規則の部分で確認できる内容かと思います。

給料が入る直前のお金がない時の乗り越え方



給料が翌営業日扱いで土曜日、日曜日を過ごすお金がないと言う時には無利息サービスのあるカードローンを利用することで、休日のお財布事情もクリアになります。30日間無利息でお金をかりることが出来るから30日以内に返すと利息もつかないので、家族から借りているのと同じ条件で借りれることになるのです。


カードローンは賢く利用することで給料日のズレや給料日の後押しなどでのお財布事情もなくなるので、お金で悩むことがなくなるのでおすすめです。

30日間無利息でお金を借りるならこちら

30日間無利息※詳しくはプロミス公式サイトをご確認ください。

クレジットカードの支払い日も給料日同様に翌営業日扱いに



クレジットカードの引き落とし日も休日と被ってしまうことがよくあります。


クレジットカードの引き落とし日も給料の引き落とし日と同じく翌営業日扱いとなります。金融機関の振込、引き落としなどすべての業務は営業日でないと資金管理が出来ないので営業している平日に限られています。


毎月給料日が土曜日、日曜日を挟んでしまう時も有るかと思いますが毎月ではないかと思うので、無利息サービスのカードローンなどの賢い選択肢も活用して休日にお金がない!や給料日前でお金が足りないということで悩む必要がなくなるので持っておくと便利ですよ。

利用者の満足度が高いローン特集♪


サブコンテンツ

このページの先頭へ