給料前借りする前に会社へ迷惑をかけない金欠対策

給料前借り


会社で給料の前借りって頼みづらいですよね…


でも止む終えない理由がある時は会社から給料の前借りは可能です。非常時には労働者の権利でもあるので「病気(疾病)・出産・災害・結婚(住所変更)等」の状況に該当するのであれば会社に給料の前借りを相談してみましょう。


会社に迷惑を掛けたくない時は50万円程度の少額の金額ならスムーズに借り入れすることが出来るサービスが有るので活用してみると良いです。

給料前借りで会社に迷惑をかけたくない時に50万円以下の少額借入サービス


労働基準法25条により給料の前借りは正社員で働いた賃金なら請求可能



労働基準法25条により非常の場合の費用に該当し賃金支払期日前であっても労働者に対して賃金を支払わねければならないと定められています。(既に働いている賃金のみが該当し、正社員のみが対象となりパ^とやアルバイトは該当しません。


条件に該当しない場合の給料の前借りは会社は拒否できるため、残業代や賞与、退職金等の前借りは会社のさじ加減次第となり前貸しする義務まではないのです。

給料前借りすると返済はないけど給料天引きで差し引かれる



給料の前借りは既に働いた賃金の支払いを前倒しでもらうだけなので返済する必要はありませんが、次回の給料から天引きされるので手取り金額は少なくなります。これらの条件でも良いのであれば思い切って会社に相談してみると良いかと思います。(気まずいのは我慢するしかありません、永久に…)

会社に迷惑を掛けたくない!会社にバレずに金欠を解消したい時は?



会社に相談する事を躊躇しているのであれば会社に迷惑をかけてしまう可能性もあるということなので、自分自身の信用のみで借り入れすることが出来る大手の借入サービスの利用検討に進んだほうが良いです。


一日の中での大半の時間を過ごす仕事場で気まずい思いをするのは得策とは言え難いからです。だからこそ大手の借入サービスは大企業の従業員から公務員、役職の有る職員などの方々も想像以上に多くの方が利用しています。


それほど信用力も秘匿性も高く利用することが出来る理由がオンラインで申し込みから借入まで終わらせることも出来るサービスもあるからです。「こちらのオンラインキャッシング」で50万円程度の少額のお金を借りる時に返済金額を最も少なく借り入れすることが出来るサービスを紹介しています。


公務員や大手企業勤めの堅実な方々も利用している安心サービスなので、給料の前借りをして会社で気まずい状況にならない様に活用すると良いかと思います。

給料の前借り・前貸しはあくまでも会社の裁量次第



給料を前借りで出して欲しいと頼んでも「非常時意外は前貸しする義務がありません」。前借りの相談をして断られてしまう可能性のほうが高くなり会社の裁量次第の要素が多く含まれています。


そして給料明細書にも記載されてしまうので、困る方も多いです。


それなら利息は「50万円借りたとして1年返済でなら月7,000円程度(最高で)」となり、毎日会社で後ろめたい気持ちで働くよりも利息を払って金欠状態を会社にも家族にも内緒で借りて乗り切れるので精神安定度も高いので安心です。


前借りできるかどうか分からないけど会社で前借りの相談をしてみるか?


会社で居りづらくならない様に誰にも迷惑をかけない借り入れサービスに相談するか?


どちらがあなたにとっての最善の金欠対策になるのかシンプルに考えてみる方が良い選択を出来るかと思いますよ。

利用者の満足度が高いローン特集♪


サブコンテンツ

このページの先頭へ