一文無しになったら自己評価が低い?ネガティブからの復活

一文無しになったら


一文無しになった事が有る方にしか分からない事が、絶望と苦しみ、迫りくる不安…会社で働いて給料をもらっては同月に全て使い果たし、また給料ををもらっての繰り返し。

  • 他人からの低評価
  • 自己評価の低下
  • 自分の限界を決める
  • 挑戦しないから成長しない
  • 自分を嫌いになり自尊心の低下
  • ネガティブな思考とネガティブな人が集まる
  • 人生に希望が見えなくなる


  • この様な負の流れに陥ってしまったらどのようにすればよいのか?という「陰の流れ」を「陽の流れ」にするにはシンプルにこの逆の行動をするだけで全てがプラスに作用してくるのでぜひ絶望を味わってえいるのであれば日常生活の中に取り入れてみてください。

    陰の流れを陽の流れに変える為の方法


  • 他人からの評価を気にしない
  • 自己評価を上げる(あなたは何でも出来る)
  • 自分の限界を超える(無限の可能性を知る)
  • 挑戦する事で成長する
  • 自分を好きになり自尊心の向上
  • ポジティブな思考でポジティブな人が集まる
  • 人生に希望が見える


  • この負の流れも、プラスの流れも全てシンプルですがどちらのサイクルに当てはまるかで人生全く違うものになります。


    そして自分自身を心身ともにポジティブな方向に向けていくことが大事です。当たり前のことが面倒くさくなってしまったり、自分には何も出来ないと思いこんでしまったりする心の状態からまずは”やる気スイッチ”をONにすることが一文無しからの復活の一歩です。


    まずは人生自分が思った通りの人生になるので悲観せずに、毎日のスケジュールを少しづつこなしていきましょう。

    一文無しでも裕福でも唯一の復活策はチャレンジすること



    一文無しから復活するにはチャレンジする以外に道はないです。チャレンジと言っても働くことなどを「続ける」という当たり前の行動を継続することです。


    一文無しでも働いていればお金をかりるチャンスがあるので、新チャレンジするための資金として利用する事もポジティブな選択であり一文無しから脱出する為の手段にもなります。



    何においても行動が伴わない復活劇など存在せず、行動があるから裕福な生活が手に入るのです。お金がない方に共通することは収入よりも高いレベルの生活をしているということ。自分の収入に合わせた生活水準に合わせながら貯蓄をしていくという習慣もポジティブな選択です。


    チャレンジする、挑戦するというポジティブな選択肢を生活の中の全てに取り入れていくことで必然的に生活もお金事情も良い方向に改善していくことでしょう。全ての財産は自分自身の中に眠っているという事実を信じてがんばりましょう。

    自尊心を取り戻すと状況は好転する



    一文無しになってしまうとどうしても「他者評価の低下と自己評価の低下」による「自分の価値を低く見積もる思考」に陥ってしまいます。


    何もする気が起きない時には、運動や筋トレをすることで「幸せホルモン」と呼ばれている「セロトニンの分泌促進」や、やる気を起こさせる「テストステロンの分泌促進」されるという論文も発表されている位大事なことなので、睡眠と運動を生活の中に取り入れることから初めて見るのも良いです。


    何もしないと必要以上に余分な事を考えてしまう(一文無しの事など)ので運動や日々のスケジュールなどを着実に達成していく事で、小さな成功手体験を経験しながら心身の状態も整えて行くことが出来るのでまずは自分の中の憔悴感を追い返すために運動を初めて見るのも良いかもしれませんよ。


    ネガティブ思考ではどうしても無意味に自分自身を追い詰めてしまいます。これは「ネガティブ虫」が付いているので仕方がないことです。何もやる気がでない方は、「ネガティブ虫」を自分の中から取り除くために睡眠と運動、筋トレを取り入れながらポジティブ思考に変えて行くようにしましょう。


    そして自分の体型や体調が整うことだけでも自尊心を向上させることが出来るのでやる気スイッチの一つとして取り入れてみると本当に良いです。


    これらのことを参考に一文無しの状況でも、自己評価を落とさない様に自分自身を管理しながら再起を果たすためのきっかけを掴んでください。再起を図るための資金などで悩んでいるのであればWEB完結で誰にも知られず、迷惑をかけることもなく利用することが出来る「低所得OK!!返済が楽な低金利カードローンの簡単比較」も参考により良い人生を切り開くきっかけとしてうまく活用してみてください。

    利用者の満足度が高いローン特集♪


    サブコンテンツ

    このページの先頭へ